米国ETFのトータルリターン(配当込み)をチャートで比較する方法

こんにちは、米国赴任中の個人投資家のMMです。

現在は投資のメインをETFとしていますが、ETFの比較にはアメリカの Yahoo Finance を普段使用しています。

ですが Yahoo Finance のチャートは株価のみの表示で、配当金や分配金は考慮されていません。

長期投資家にとっては配当金、分配金込みでどうなっているか知りたいですね。

そのようなツールが無いか探したところ、ETF Replay.com というサイトがトータルリターンでのチャート比較が出来ることがわかりましたので紹介します。

いくつかトータルリターンを表示できるサイトはありますが、一度に5銘柄まで比較できること、操作がとても簡単なことから、ぜひおすすめしたいです。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

ETF Replayの使い方

まずは ETF Replay.com  のサイトにアクセスをします。

*下記のスクリーショットは全てクリックで拡大します。

168

次に下記赤枠の「Tools」の下にある「ETF Charts」をクリックします。

169

ETF Chartの画面に移ります。デフォルトで VWO(バンガードエマージングマーケッツETF)が入っています。

170

例として下記赤枠に次の4銘柄を入れてみます。

  • VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)
  • VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)
  • VEA(バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF)
  • VWO(バンガードエマージングマーケッツETF)

171

銘柄入力後は下記赤枠の「Period」を選択します。ここでは期間を選択しますが、10年間のトータルリターンを比較しようと思いますので、Custom を選択します。

172

Start Day(開始日)を2008年3月14日、End Day(完了日)を2018年3月14日で10年とし、その後は下記青枠の「Chart – Total Return %」を選択、「Get Chart」をクリックします。

173

そうすると下記赤枠に各銘柄の10年間のトータルリターンチャート、青枠に通算のトータルリターンが表示されます。

*緑=VT、水色=VTI、黄色=VEA、黒=VWO

174

この10年で見るとVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)のトータルリターンが170.0%とダントツになっています。

ここでは銘柄分析は置いておいて、配当金/分配金込みのチャート比較が簡単に出来ますので、とても使いやすいです。

CAGR(年平均成長率)の表示

ETF Replay.com ではトータルリターンのチャート比較だけでなく、年平均成長率(CAGR=Compound Average Growth Rate)も表示することが出来ます。

下記赤枠の「CAGR%」にチェックをし、「Get Start」をクリックすると今度は年平均成長率の形でグラフが出てきます。

175

*VT=6.8%、VTI=10.5%、VEA=3.5%、VWO=3.2%

年平均成長率は投資先を決める際の重要な指標になりますね。

我が家のメインETFの過去3年トータルリターン

現在我が家のメインETFは下記の5つとなりますが、参考までにこれらの過去3年のトータルリターンを見てみました。

  • SCHB(シュワブ・US・ブロードマーケットETF)
  • SCHF(シュワブ・インターナショナル・エクイティETF)
  • SCHE(シュワブ・エマージング・マーケッツ・エクイティETF)
  • SCHH(シュワブ米国REIT ETF)
  • SCHZ(シュワブ・US・アグリゲート・ボンドETF)

177

*緑=SCHB、水色=SCHF、黄色=SCHE、黒=SCHH、赤=SCHZ

こちらは年平均成長率になります。

178

米国市場連動のSCHB、新興国市場連動のSCHZが非常に好調、ついて世界先進国(米国以外)のSCHF、REITのSCHHと債券のSCHZはリターンが小さいという結果になっています。

この3年間は株式市場が好調でしたのでこの結果でしたが、また長期で見ると違った結果になるかもしれません。

ETF Replay.comは有用

以上がETF Replay.com の使い方になりますが、操作も簡単ですのでとても有用だと思います。

米国ETFのトータルリターンをチャートで比較したい場合はぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告