資産減! 2018年3月1日時点の総資産状況(時価ベース) 

こんにちは、家計管理担当のMMです。

年初からの株式市場の調整、急速に進む円高を背景に、今まで右肩上がりで来た総資産もとうとう対前月でマイナスとなりました。

株式等のリスク資産が増えればその分市場の影響を受けるのは当然のことですが、長期視点で見ればまた上がっていくことを信じてコツコツと続けていく必要があります。

それでは最新の総資産状況です。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

2018年3月1日時点総資産状況

162

全体

前月比 -52万円 の総資産額 2520万円となりました。

対前月-52万円と大きく減りましたが、理由としては株価の下落、円高の2つになります。

各項目を分析していきます。

日本円資産

前月比 -22万円の計 1759万円になりました。

普通預金

毎月日本の口座に振り込まれる手当の6.3万円分で、対前月+6.3万円となっています。

下落相場において確実に増えてくれる日本円貯金のありがたみを感じています。

財形貯蓄

毎月 1,000円を積み立てているのでその分の増加となります。

株式 (持株会)

海外駐在員は日本では非居住者という扱いになり、日本の証券会社での取引を行うことが出来ません。(参照:海外赴任者は日本での資産運用ができない!?非居住者の投資事情について)

つまり株による資産運用が出来ないことになりますが、唯一合法的に出来るのが持株会ですので、最大限利用しています。

日本市場は株価は大きく調整しているため、8万円を入金しているにも関わらず-29万円と大きく下げました。

持株会は海外赴任者が出来る唯一の日本での投資になります。

こんにちは、MM@海外赴任中です。 今の所海外赴任になった場合は日本での投資をすることが出来ません。 (...

米ドル資産

前月比 -30万円の計 761万円となりました。

ドル円の為替レートは前月比 2.41円の円高となりましたが、円高による影響額は-18万円になります。

普通預金

対前月-13万円と大きく減らしていますが、ドルベースでも -$870、車のタイヤ交換と今月行く旅行費用を使ったため、あとは円高による影響です。

株式

対前月-17万円と大きく減らしましたが、ドルベースでは-$311、主に円高による影響による減となっています。

2018年3月1日時点資産配分状況

163

総資産に占める安全資産の合計は 51.7%、リスク資産の割合は 48.3% となっています。

 

生活防衛資金は十分確保できていると考えていますので、リスク資産をもっと増やして行きたいと考えています。

投資歴の長さと資産減への反応

今回は-52万円という大幅な資産減を余儀なくされました。

自分の給料より大きい金額で、もしFXで同じ金額を失ったら個人的には中々立ち直れないレベルです。

今回はまだ冷静に受け止めることが出来ていますが、それは投資歴が少しずつ長くなってきていること、投資金額が大きくなってきていること、総資産額が増えていることが関係していると考えています。

もちろんここから2年3年と資産が減り続けるようであれば精神的に参ってしまいますが、投資の知識を増やして、過去の実績から将来がこうなると自分の中で考えられていることが冷静でいられる理由の一つかもしれません。

大事なのはコツコツ長期で続けていくことですが、ここぞという時にピンチをチャンスに変えられる知識と決断力も欲しいなと思います。

自分にはまだその知識が足りないので、勉強が必要です。

と言いつつも目の前のことをこなして行く事も大事ですので、今月も地道に節約、積立投資を行っていきます!

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告