日本語と英語の文化の違い!「すみません」の英訳は「Sorry」ではない!

こんにちは、MM@米国駐在です。

日本に居たとき、「すみません」という言葉をよく使っていました。

仕事中でも使っていましたし、私生活でもお店の人に対してとか、人とぶつかったときとかにも使っていましたね。

きっと日本語の日常会話で使うフレーズトップ10に入っていたと思います。

同じ感覚で海外赴任後も、すみません、の英訳である「Sorry」を良く使っていましたし、他の駐在員の人も使っているのをよく耳にします。

実はこの「Sorry」という言葉は日本人は良く使いますが、アメリカ人がそれ程使っているのを耳にしません。

日本語ではとても便利な言葉である「すみません」ですが、そこには日本語特有の曖昧さがあって便利になっていたのであって、その感覚でアメリカでも使っていると少し「あれ?」とアメリカ人に思われるかもしれません。

そこで今回は僕がアメリカ生活で気づいた日本語の「すみません」の本当の意味と、それに対応する英語について述べたいと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

日本語の「すみません」には何通りもの意味がある

とても便利な「すみません」と言う言葉、殆どの人が一日一回は口にしているのではないでしょうか?

その利便性の良さから「すみません」だけで商談が成り立ったなんていう話もありますね。

基本的には「すみません」は謝罪の意味になりますが、それ以外にもよくよく考えてみると下記の意味も含まれています。

  • 謝罪 (ごめんなさい)
  • 感謝 (ありがとう)
  • 呼びかけ (ちょっと良いですか?)
  • 挨拶 (どーも)
  • つなぎの言葉 (えーっと)

それぞれの意味に合う英語

日本語ではそれぞれの意味に対して「すみません」の一語で対応できますが、英語では使う単語が変わってきます。

  • 謝罪 ⇒ Sorry (Excuse me)
  • 感謝 ⇒ Thank you
  • 呼びかけ ⇒ Excuse me
  • 挨拶 ⇒ Hello, Hi
  • つなぎの言葉 ⇒ Let me see 

この中では感謝の意味ですみませんを使う場合がかなり多いと思います。

日本語ではちょっとした感謝を伝える時は「ありがとう」ではなく「すみません」を使うことが多いので、英語でも同様の場面で「Thank you」ではなく反射的に「Sorry」が出てしまうことが多いと思います。

自分でも振り返ってみると最初の頃はよく「Sorry」を使っていました。

Sorryの意味

ここで改めて sorry の意味を確認してみます。

sorry (asking for forviveness) :
feeling bad because you have caused trouble or difficulty to someone else – Cambridge Dictionary より

sorry の意味としては「許しを請う」となっています。

日本語の「すみません」だと軽い印象を受けますが、sorryだともっと重々しい印象で、正しい訳としては「ごめんなさい」とか「申し訳ございません」にあたりそうですね。

すみません」は謝罪のハードルを下げる

「ごめんなさい」って普段の生活で中々言う機会はありません。

本当に悪いと思っていて謝罪の気持ちがありそうですので、「sorry」の訳語としては「ごめんなさい」が適切だと思います。

ですが、「すみません」で「ごめんなさい」を言い換えることができますし、「すみません」はスッと口にし易いことからとても使いやすく、実際使用頻度が高いです。

この言い易さが謝罪のハードルを下げることに繋がっています。

日本人的にはそこまで謝罪の意味を込めて使っていないかもしれませんが、これを「sorry」に言い換えて頻繁に使っていると周りからは謝罪のハードルが低く見えます。

常に謝罪をしていると自分の立場が苦しくなる

日本語の「すみません」感覚で「sorry」を使っていると、常に自分に非があることを認めていることになり、立場が苦しくなりがちです。

会議とかをしていても、すぐsorryを使ってしまうと自分が悪いことになり、意見が中々通ることがありません。

アメリカ人でも「sorry」を使う時は自分に非があることを認めた時だけで、不必要に何でも謝るということはありません。

謝る必要がない時には謝らないというのはとても普通のことですね。

自分が使う「すみません」がどの意味なのかを考える

すみませんの感覚で「sorry」を使っているといつの間にか自分の立場を不利にしてしまいます。

特にビジネスにおいてであれば尚更ですが「すみません」を言う癖を直すのも中々難しいですね。

なので「sorry」を言う前に今自分が使おうとしている「すみません」は何の意味なのかを考えるようにしてみましょう。

英語は日本語のような曖昧表現はありませんので、自分が何を言おうとしているのかを明確にし、それに合った英語を使うことでコミュニケーションもスムーズになります。

何より言いたいことを明確にするというのは英語文化そのものであり、この訓練をすることで英語力自体も上がります

まとめ

「すみません」のように日本語では一単語ですが、英語ではいくつかの単語にあたるものというのは他にもたくさんあります。

これは文化の違いによるもので、日本語特有の曖昧さという背景もあります。

まずは日本語と英語の間にはこのように直訳では意味が合わないものがあるということを知ることが大事です。

単語や文法といったものだけでなく、文化に紐付いている背景を学ぶことも英語力向上には必要ですね。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告