2018年12月時点の資産運用状況+ポートフォリオ

こんにちは、兼業投資家のMMです。

株式市場は長らく続いた上昇トレンドが一服し、下降トレンドに入りつつあります。

過去の歴史を見てもずっと上がり続けることはなく、どこかのタイミングで下落をして、また上昇するというトレンドに基づくと今の状況もごく自然なこととも言えます。

とはいえ含み損が増え続ける状況というのは決して好ましくなく、早く含み益の状態になって欲しいと思っているのが本音です。

長期で見ればまた上がってくることを信じて今月の資産運用状況を確認してみます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

利用証券会社+投資スタンス

米国赴任時代に開設した米国オンライン証券最大手のチャールズシュワブ証券(Charles Schwab)でドル資産の運用を行い、日本円はNISA関連を楽天証券、通常投資をSBI証券、前職の持株会は野村証券で保有しています。

投資方針としてはコア・サテライト戦略を採用し、基本的にはインデックス連動投資をコア、バリュー投資をサテライトとし、目標比率はコア70%サテライト30%としています。

投資による資産増としてはキャピタルゲイン(値上がり益)、インカム(配当金、分配金)を区別しないトータルリターン戦略を目指しています。

投資全般に関しては大きな利益を目指すよりも損をしないことを重視する防衛的投資家の立場を取っています。

資産運用状況

Picture1

*米ドル建てのものに関しては113.48円で円貨換算しています。

投資総額  ¥16,710,852 に対し時価総額  ¥15,093,449 、運用損益は-¥1,617,404、損益率は -9.7% となっています。

12月は市場が引き続き下落を続けており、前月の比べてもポートフォリオ全体で-3.9%となっています。

マイナス幅がどんどん大きくなっているのがつらい所です。

新規購入銘柄

今回新たに 1489 日経高配当株50がポートフォリオに追加されました。

毎月の家計簿で好転した分と、前職での財形貯蓄等の分を資金として投資に回しました。

1489に投資をした理由としては、日本国内株式インデックスに投資をしたかったこと(持っていないので)、ETFが良かったこと、分配金が期待できること、になります。

投資にあたってはのぶさんが運用している素人投資家でもETFで資産形成を参考にしました。

今後の投資方針

コア・サテライト比率が目標から乖離していますので、基本はコアであるインデックス連動の投資信託、ETFへの積立を行っていく予定です。

米ドル資産に関しては現金がまだあり毎月ETFへの積立を行っていますので増えていく予定です。

こんにちは、MMです。 先日まで米国に海外赴任をしており、日々の節約の甲斐あって現在約8万ドル(約840万円)...

日本円に関しては、NISA関連は基本的にコア投資にしていく予定ですので、徐々に比率が増えていくはずです。

ただサテライト投資であるバリュー投資はいつでもできるというものでもないため、タイミングがもしあえば適宜行っていく予定です。

まとめ

株式市場の下落が続くと、過去の歴史からはまた戻るはず、と思いつつも2018年初レベルに戻るまでに10年以上かかるかも、という不安もまた出てきます。

特に5年後に一旦損益確定をするNISA分に関してはもしかしたらマイナスでメリットを享受できないかも、と半分覚悟もしています。

それでも出来ることは毎月積み立てていくだけですので、不安な時はとりあえず積立投資だけしておこうと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

コメント

  1. まさ より:

    MMさん

    こんにちは。この下げ相場は大変ですね。私も8月からアメリカでの投資を始めたので、もろにダメージを食らってます(笑
    あまり翻弄されずに長期戦で行くしかないと思ってます。

    良いお年をお迎えください。

    • MM より:

      まささん

      コメントありがとうございます!
      今年は株式市場は厳しかったですね‥でも過去を見ても上下を繰り返しながら右肩上がりなのでそれを信じて待つしかないですね。

      5年振りの日本ですが、年末年始感があって良いなと思います。

      まささんも良いお年を!