米国駐在中の個人投資家が参考にしているアメリカの投資情報サイト・ブログ9選

こんにちは、米国駐在中のMMです。

駐在が2年を過ぎた頃からアメリカでの株式投資を始めましたが、当時はアメリカ現地での投資情報の取り方が全く分からず苦労をしました。

例えば「投資信託」は英語で「Mutual Fund」、「インカムゲイン」という単語は英語にはなく「配当金」であれば「Dividend Income」、ということを最初は分からず、検索の仕方さえ分からない状態でした。

それから約3年、アメリカでの投資や情報の取り方にも慣れてきて、英語での専門用語も徐々になってくると、自分の中で投資情報を得る時の情報源も固まってきました。

ですので、普段個人的によく使っているアメリカの投資情報サイト・ブログ9選を紹介してみます。

英語を勉強している人には英語力アップ、維持にも良いかと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

オススメの米国投資情報サイト・ブログ9選

普段よく見ている投資サイト・ブログを下記の10個にまとめました。

  1. Bloomberg
  2. Market Watch
  3. Seeking α
  4. Investpedia
  5. The Motley Fool
  6. Millenial Money
  7. Mr.Money Mustache
  8. Financial Samurai
  9. Bogle heads

これらの9サイトは大きく、経済・株式情報速報系株式・投資コラム系個人ブログ系掲示板の4つに分けることが出来ます。

Bloomberg、Marketwatch、Seeking αは速報系、Investpedia、The Motley Fool、Millenial Moneyはコラム系、Mr. Money Mustache、Financial Samuraiは個人ブログ系、Bogle Headは掲示板になります。

それぞれについて補足説明をします。

経済・株式情報速報系(3サイト)

Bloomberg(ブルームバーグ)

米国赴任前から日本語版で読んでいたこともあり、個人的に最も愛着があるのがBloomberg(ブルームバーグ)になります。

株式情報はもちろん、コモディティや石油、金といった金融商品の情報や各国中央銀行の金融政策、政治状況や経済状況など、経済情報を広く網羅しています。

オススメなのがBloombergのサイトにある「Trending」というコーナーで、そこではその日あった世界の経済ニュースの要約が載っています。

そこを毎日読んでいくと、世界経済に強くなりますし、経済系の英語も得意になっていきます。

Market Watch(マーケットウォッチ)

ダウ平均株価を公表しているダウ・ジョーンズの傘下であるMarket Watch( マーケットウォッチ)は、個別企業の情報をリアルタイムに配信してくれます。

決算情報はもちろん、各企業が行っている施策や市場のトレンド等も配信してくれますので、個別株投資家向け情報が多いと感じています。

他にも401K等の優遇税制に関する情報やウォーレン・バフェット氏など著名投資家やヘッジファンドマネージャーの発言も詳しく載せています。

Bloombergよりも投資に特化している印象です。

Seeking Alpha(シーキングアルファ)

Market Watchよりも企業の決算情報に更に特化しているのが Seeking Alpha(シーキングアルファ)です。

個別企業の決算情報のカバーがより広く、実際のチャートや財務情報を使った記事が多く、分析情報を多く提供しています。

自社株買いや配当増の話題も多く、トレーダー向けの情報源のイメージがありますが、ETFや市場情報もあり、とても勉強になります。

株式・投資コラム系(3サイト)

Investpedia(インベストペディア)

名前から想像できる通り、投資版ウィキペディアと言えるのがInvestpedia(インベストペディア)になります。

コア・サテライト戦略、トータルリターン戦略、配当金投資戦略、4%ルール等の解説が辞書のように載っていますので、投資に関する単語や戦略の意味を調べるにはInvestpediaが最適と言えます。

ただ辞書的に使うだけでなく、最新の市場情報や、税金関連、確定拠出年金の情報等も日々アップデートされていますので、ニュースサイトのようにも使えます。

下落時や上下が激しいとき、また上昇中の相場ではどうすべきか、といった戦略系の記事が多い印象です。

The Motley Fool(モトリーフール)

投資情報サイトだけでなく、ラジオ、新聞のコラム、投資アドバイスや投資信託の運用など、投資関係のマルチメディアとして存在感を持つのが The Motley Fool です。

投資アドバイス事業を持っているだけあって、最新の個別株情報、その日の上昇率/下落率トップ3の紹介、今買うべき配当金株、最も上昇している成長株、など個人投資家向けにおすすめ株の記事を配信しています。

また有料の投資アドバイスでは、配当金戦略、バリュー戦略、隠れた優良銘柄、成長株戦略など、それぞれの買うべき銘柄を紹介していて、全てS&P500に勝っているという比較も出しています。

初心者向けやリタイアに向けて、その他クレジットカード等のパーソナルファイナンス情報も提供しています。

Millennial Money(ミレニアルマネー)

ミレニアル世代(1980年生まれ以降)向けに投資、パーソナルファイナンス情報を提供しているのが Millennial Money(ミレニアルマネー)です。

投資だけでなく、貯蓄、副収入、経済的自由についての記事がありますが、ミレニアル向けっぽいと感じるのが、いずれも早期リタイアを前提としていることです。

ミレニアル世代と言えば個人の人生や生き方を大事にする世代、経済的自由を手に入れるための手段としての投資情報を提供してくれます。

また他のおすすめブログも紹介してくれていますので、いわゆるハブの役目も果たしてくれます。

個人ブログ系(2サイト)

Mr.Monery Mustache(ミスターマネーマスタッシュ)

経済的自由をメインテーマに、徹底した支出管理、節約、投資情報を提供しているのが、Mr. Money Mustache です。

米国早期リタイア界の大御所と言える存在で、カナダ出身の元ソフトウェアエンジニアで、30歳の時点で経済的自由を達成、リタイアをしています。

投資のメインはインデックス投資、その他は家計管理、投資、税金、早期リタイアなどを取り扱っています。

ForbesやBusiness Insider、CNN等にも取り上げられる大物で、米国FIREムーブメントの第一人者とも言えるブログです。

Finanicial Samurai(ファイナンシャルサムライ)

ウォール街でのキャリアを持ちながら、Mr. Money Mustacheと同じく、既に経済的自由を成、リタイア済みなのが Financial Samurai(ファイナンシャルサムライ) です。

そのキャリアからか投資や市況の話を多く取り上げており、株式、債券、不動産の年間見通しや前年の総括なども個人投資家の目線で書いています。

またコメント欄のやり取りも活発で、米国の個人投資家達の実情を知るにはとても良い手段になっています。

ForbesやWall Street Journal、Business Insiderにも取り上げられる大物の内の一人です。

掲示板(1サイト)

Bogleheads(ボーグルヘッズ)

世界最大の投資信託企業であるバンガードの創始者、ジョン・ボーグル影響を受けた個人投資家達の交流の場となっているのが Bogleheads です。

誰かが質問のスレッドを立てて、他の個人投資家達が助言や各々の意見を述べていく掲示板ですが、米国個人投資家の生の声、生の英語が見れますので、投資の意味でも英語の勉強の意味でもかなり役立ちます。

質問の具体例としては、「バンガード世界インデックスファンド vs バンガードS&P500」や「401K(確定拠出年金)のアドバイス」、「課税口座を開設する意味はあるのか?」など多岐に渡ります。

ここを読み込めば米国の投資情報を網羅できると言えるくらい情報が詰まっています。

ただ米国特有の優遇税制などの話題もありますので、前提知識が少し必要にもなります。

まとめ

以上が個人的に参考にしているアメリカの投資情報サイト・ブログ9選になります。

この情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告