目標まであと少し!2018年1月1日時点の総資産状況(時価ベース) 

あけましておめでとうございます、MMです。

2016年は大荒れの株式市場でしたが、2017年は一転好調な株式市場となり、総資産増の追い風となってくれました。

2018年は上期に南米での大統領選、7月はメキシコ、10月はブラジル、11月には米国中間選挙が控えています。

米国中間選挙は現大統領の信任の意味もあるので、ここでの結果は米国株式市場に大きな影響を与える重要イベントですね。

株価の過熱感についての話題が出てきていますので、今年は少し守りに入った資産運用を心がけようかと思います。

それでは最新の総資産状況と昨年との比較を見てみます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

2018年1月1日時点総資産状況

121

全体

前月比 +117万円 の総資産額 2454万円となりました。

住宅購入費のための目標金額は 2,500万円としていますので、目標までは残り 46万円 となりました。

対前月+117万円と大きく増えましたが、背景はボーナスが入ったことと株高によるものです。

各項目を分析していきます。

日本円資産

前月比 +103万円の計 1667万円になりました。

普通預金

毎月日本の口座に振り込まれる手当の6万円分とボーナスから42.5万円をまわしたので、+48.5万円となりました。

財形貯蓄

毎月 1,000円を積み立てているのでその分の増加となります。

株式 (持株会)

海外駐在員は日本では非居住者という扱いになり、日本の証券会社での取引を行うことが出来ません。(参照:海外赴任者は日本での資産運用ができない!?非居住者の投資事情について)

つまり株による資産運用が出来ないことになりますが、唯一合法的に出来るのが持株会ですので、最大限利用しています。

ボーナスと毎月の積み立てを合わせたことと株式市場が上向き、+49万円となりました。(それでも若干含み損です)

持株会は海外赴任者が出来る唯一の日本での投資になります。

こんにちは、MM@海外赴任中です。 今の所海外赴任になった場合は日本での投資をすることが出来ません。 (...

米ドル資産

前月比 +14万円の計 787万円となりました。

ドル円の為替レートは前月比 0.37円の円安となりましたが、日本円換算にほぼ影響はありません。

好調な株式市場もあり、保有株の上昇が米ドル資産増に繋がりました。

普通預金

暖房のためのオイル代等、積み立てていたお金を使用したため普通預金は減となっていますが、予定通りの支出となっています。

株式

引き続き好調な米国市場のおかげで対前月+17万円となりました。

毎月積み立て投資を行っており、運用金額が大きくなってきたことで、増減額も大きくなってきています。

2018年1月1日時点資産配分状況

122

総資産に占める安全資産の合計は 59%、リスク資産の割合は 41% となっています。

 

生活防衛資金は十分確保できていると考えていますので、リスク資産をもっと増やして行きたいと考えています。

対前年(2017年)比較

2016年1月1日との総資産(時価ベース)での比較をしてみます。

*元本ベースでの比較はこちらになります。

下記に各項目での前年との差異を示しています。

123

時価ベースでは 762万円増 となりましたが、元本ベースでは 495万円増 でしたので、257万円分更に増えたことになります。

為替は去年より悪化していますので、日本円、米ドルともに株式による評価益+配当金+持株会の奨励金等で257万円の増加につながりました。

投資スタイルは持株会(日本株)+インデックス投資及びバリュー投資(米国株)ですが、良い感じで結果が出てくれました。

124

この一年でリスク資産比率は11.4%増やすことが出来ました。

目標の2,500万円まであと少し

目標を立てた時はかなり遠くに感じた2,500万円ですが、残り46万円と手の届く範囲まで来ました。

これも日々の節約と投資のリターンによるものです。

やっていることは同じことの繰り返しで淡々としていますが、急がば回れ、コツコツ地道に続けることが一番の近道になると思います。

住居費が貯まれば次は教育費、老後費用とまだまだ貯めなければいけないお金はたくさんありますので、気を引き締めて頑張っていこうと思います!

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告