日本での生活立ち上げ!家族3人の家計簿を締めました (2018年5月)

こんにちは、家計予算担当のMMです。

米国から帰任しましたが、先月は米ドルと日本円の支出が半分ずつ、今月からは日本円の支出のみとなっています。

家計管理は支出予算と実績の比較をすることで効果が出てきますが、我が家の場合はまだ日本での生活支出がどの位になるかわからなかったため、今月は支出のみの記録としています。

今月の支出をもって支出予算を立て、来月以降の家計管理に活かしていきます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

家計実績 (全体)

費目 実績
家賃 ¥105,000
奨学金返済 ¥17,000
通信費 ¥8,836
保険 ¥3,826
妻おこづかい ¥30,000
夫おこづかい ¥15,000
生活固定費合計 ¥179,662
食費 ¥34,889
電気 ¥0
ガス ¥0
水道 ¥0
交通費 ¥10,000
交際費 ¥1,640
日用品費 ¥7,329
子供費(日用品) ¥7,387
子供費(習い事) ¥15,213
生活変動費合計 ¥76,458
支出合計 ¥256,120

家計のルール

予算は夫である自分が立てていますが、毎月の家計の管理は妻がしています。

そして毎月予算に対して実績が好転した場合は、家計管理者(妻)の功績が大きいですのでインセンティブとして好転額の半分を妻おこづかいに上乗せ残り半分は家庭の貯蓄(投資資金)にまわすことにしています。

ですが、今月は予算が無いためこのルールは来月から適用する予定です。

家計実績 (個別)

個別の実績を見ていきます。

支出

支出は大きく生活固定費生活変動費、に分けています。

生活固定費

家賃

最も支出が大きいのが家賃ですが、実は海外赴任後の措置として一年間会社から補助が出ています。

ですが、来年には無くなるものですので、毎月の支出としてカウントし、補助はそのまま貯金もしくは投資に回すことにしています。

今年の手取りは31万円程ですので、家賃の目安とされる30%を超えてしまっていますが、、補助が出るということでオーバーをしています。

奨学金返済

夫である自分が大学進学時に総額240万円の奨学金(第二種)を借りていますので、その返済を2024年まで続ける予定です。

妻には奨学金返済はありません。

通信費

通信費にはスマホ代とインターネット代が含まれています。

スマホは夫婦ともにmineoでそれぞれ1,101円(合計2,202円)のプランで申し込んでいますが、初月だったので1,147円(合計2,294円)でした。

インターネットはGMOとくとくBB WIMAX2+ギガ放題で初の2か月は2,590円、3か月目以降は3,344円2年プランで申し込んでいますが、初月の手数料込みで6,037円でした。

スマホとインターネットプロバイダの選定理由は下記記事で紹介しています。

こんにちは、MMです。 米国赴任時の途中から我が家のスマホは格安SIM(MVNO)にしていましたが、毎月の固定...
こんにちは、MMです。 米国赴任から帰任して日本での生活を再開するには電気ガス、スマホ、インターネットといった生活イン...

保険

勤め先のグループ生命保険と傷害保険に入っています。

傷害保険については7月から解約する予定です。

おこづかい

小遣いは使いきれなくても家計からは落とし、各自で持ち越しをするようにしています。

妻の方が多いのは女性の方が支出が多いこと、毎日お弁当を作ってもらっていることによる食費好転分の反映、になります。

生活変動費

生活変動費は家計の中で毎月の努力の余地がある所になります。

食費

今月は 34,889円 の実績でしたが、家族3人であればこの位が妥当かなと思います。

電気・ガス・水道

電気・ガスは東京ガスで申込をしていますが、月末締め翌月払いのため、今月は請求がありませんでした。

水道も来月請求になります。

東京ガスを選定した理由は下記記事で紹介しています。

こんにちは、MMです。 海外赴任から帰国するとホッとするのも束の間、住居選定(持家がない場合)+生活立上げとい...

交通費

交通費には、電車・バス賃、レンタカー、カーシェアが含まれます。

諸々移動が多かったので10,000円となりましたが、おそらく今後もこの位かかるかなと感じています。

交際費

今月は人に会ったり、外食も無かったので、1,640円の実績でした。

これからはもう少し増えるかもしれません。

日用品費

7,329円の実績でした。

ほぼオンラインショッピングでしたが、今後もそうする予定です。

子供費(日用品)

7,387円の実績でしたが、今後もこの位でいきたいです。

子供費(習い事)

体操教室兼預かり保育の教室に通うことにしましたので、2ヶ月分(日割り)の月謝と諸々の費用で15,213円の実績となりました。

今後は9,000円になる予定です。

予算化をして貯蓄/投資資金を決める

今月の支出実績をもとに毎月の予算支出案を早々に立て、貯蓄/投資資金、あわせて旅行積立費にどれ位を当てられるかを決めようと思います。

今回の実績は毎月暮らしていくための支出で、総資産を増やしていくお金、旅行などの楽しみのためのお金は収入支出との兼ね合いで別途捻出していく必要があります。

今回実績が見えていない電気・ガス・水道がどのくらいになるかが肝になりそうですが、それぞれが5,000円ずつ程度が理想ですね。。

まとめ

今月である程度毎月の支出が見えてきました。

来月からは予算との比較でまた好転させていきたいと思います!

こんにちは、MMです。 我が家では家計の長期予算、中期予算、短期予算(1年、毎月)の作成は夫である自分...

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告