海外駐在員が取るべきマネー戦略「現地通貨を貯める」

こんにちは、米国赴任中のMMです。

間もなく海外駐在期間を終えることになるますが、この間にマネーについて学び続けてきました。

そして投資家として、節約家として、海外駐在員が取るべきマネー戦略というのも固まってきました。

それは「現地通貨をできるだけ貯めること」です。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

海外駐在員の給与は日本円と現地通貨の二本立て

詳細は下記記事でまとめていますが、前提として海外駐在員の給料は殆どの場合、日本国内の給料(海外赴任手当て等)と現地通貨の二本立てになります。

こんにちは、海外赴任中のMMです。 海外赴任とか海外駐在という言葉を聞くと、何となく「給料がたくさんもらえる」...

日本国内に入る給料はそのまま貯金に回りますが、現地通貨給料は赴任国によるものの、基本的には生活費となり、貯金をするためには努力が必要となります。

こんにちは、MMです。 現在アメリカに海外駐在をしているのですが、「海外駐在」と聞くと一般的にはお金が貯まるというイメ...

現地通貨建て給料は円両替時に非課税

海外赴任中に現地通貨建て給料をできるだけ貯めた方が良い理由は、円に両替しても非課税であることです。

日本円から外貨(米ドル)などに一度替えて、その後外貨から日本円に戻す際に円安になって為替差益が出た場合、その差益には課税がされることになります。(FXの場合は20%、外貨両替の場合は年収に応じた税率)

ですが、現地給料は日本円から両替しているわけではないため、為替差損益の概念がなく、いつ両替しても円高、円安の基準がありません。

そのため本帰国時に1ドル100円でも、3年待って1ドル120円の時に両替してしまえば、それだけで資産が20%増えることになります。

こんにちは、海外赴任中のMMです。 海外赴任をしている場合、給料は現地通貨で貰うことになりますが、アメリカに赴...

もちろん為替の将来は読めませんので必ずしも直近で有利な為替になるとは限りませんが、安定している先進国通貨であればこの考えを使える可能性は高いです。

*但し変動が激しい新興国通貨の場合は注意が必要です。

現地通貨建て給料を貯めるには節約

現地通貨建て給料をできるだけ貯めるには月並みですが、毎月の節約が最も効果的です。

節約というと少し面倒なイメージがありますが、毎月積み重ねるとその影響も大きくなりますし、ノーリスクで資産を確実に増やせる最善の方法です。

海外赴任だと日本より支出が多かったり、旅行を楽しむことも大事ですので、無理のない節約の仕組みを作ることが重要です。

こんにちは、節約家のMMです。 海外赴任をすると多くの場合、住宅費が掛からなかったり医療費が全て会社加入の保険...

赴任国で投資(資産運用)を行う

節約よりハードルが少しあがりますが、現地国通貨で貯金の仕組みができたら、その貯まったお金を投資に回すことで、より現地国通貨資産を増やすことが可能になります。

投資にはリスクがつきものですので元本を減らす可能性もありますが、投資先の選定と長期投資を行えばそのリスクは減らすことができます。

米国の場合になりますが、資産運用状況でどの銘柄に投資をしているかを参考にして頂ければと思います。

帰任になってからも運用し続けられる証券会社を選べると良いです。

こんにちは、兼業投資家のMMです。 アメリカに赴任以来、チャールズシュワブ証券(Charles Schwab)で資産運...

まとめ

現地給料を貯めることは両替時に有利になるだけでなく、外貨資産を持つことで資産のリスクヘッジにもなります。

海外赴任中に現地給料を貯めるのは中々大変ですが、その後のマネー戦略でプラスになることは間違いありません。

新興国だとまた少し状況が違うかもしれませんが、無理の無い範囲で海外赴任期間中に少しでも経済的自由に近づけると良いかと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

コメント

  1. のろのろ より:

    こんにちは!
    本帰国が近づいてらっしゃるのですね~。

    帰国後の新展開が楽しみでなりません!

    ところで、記事の内容にまったく関連性がない引用をさせていただきました。(ウェブサイトの枠にURLを貼りました)

    差支えがあれば削除または記事の差し替えをいたします!
    ご確認いただけますと幸いです。

    というか、MMさん、ページの見た目だけじゃなくて、見えない部分も丁寧に作られていて、尊敬です!

    • MM より:

      お久しぶりです、コメント有難うございます!
      もう帰国になります!日本での節約や投資知識は乏しいので急いで勉強中です。
      米国の時と同じようにできたら良いなと考えています。

      引用全然問題ありません!むしろ有難うございます。(ワードプレスからの通知で気づいていました笑)

      見えない部分…?現在simplicityというテーマを使っているのですが、もしかしたらこのテーマが勝手にやってくれているのかもしれません!