Charles Schwabを日本帰国後も継続使用するために行った手続きまとめ

こんにちはMMです。

米国赴任時に開設したチャールズシュワブ証券(Charles Schwab)を現在も使い続けていますが、当初は米国在住ではなくなった時の税金の問題がよく分からず帰国と同時に口座を閉鎖する予定でした。

ですが帰国前に直接問い合わせた所、帰国後も問題無く使えることが分かり現在も継続使用中ですが、その際に必要な手続き(W-8BENとNRAの提出)がありました。

*ちなみにですがW-8BENを提出しなくても継続使用は可能ですが、通常より多くの税金が取られてしまいます。

当時は当然日本語の情報もなく手探りでやっていたことと、実は日本帰国後にも再提出を求められて苦労をしたので、その際にどのような対応をしたかを残しておこうと思います

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

W-8BENの提出

日本帰国後間もなく行ったのは、W-8BEN(米国源泉税に対する受益者の非居住証明書)のオンラインでの提出になりますが、どこに何を書けば良いのか分からなかったので下記にマニュアルを記載します。

W-8BENフォーマットをダウンロード

こちらからW-8BENフォーマットをダウンロードします。

下記でそれぞれの項目に何を記入すべきかを示していきます。

W-8BEN Part1の記入方法

Picture3

①…Charles Schwabのアカウント番号
②…日本で使っている電話番号
③…日本での職場の電話番号(省略可)
④…自分の名前
⑤…国籍(Japan)
⑥…日本での現住所の番地
⑦…日本での現住所の市町村+都道府県
⑧…住んでいる国(Japan)
⑨~⑫…登録住所と送付先住所が違う場合記入(省略可)
⑬…米国でのSocial Security Number
⑭…日本でのマイナンバー
⑮…未記入でOK
⑯…誕生日

W-8BEN Part2の記入方法

Picture4

⑰…居住国(Japan)
⑱~㉑…未記入でOK

W-8BEN Part3の記入方法

Picture5

㉒…サインを記入
㉓…記入日
㉔…ブロック体の名前
㉕…未記入でOK
㉖…サインを記入
㉗…記入日
㉘…ブロック体の名前
㉙…未記入でOK

Message Centerから送付

Charles Schwab内にあるMessage Centerから記入したW-8BENのPDFを添付して送付すれば完了となります。

もし記入漏れ等があれば返信での連絡があります。

W-8BENに関してはここで送付をすれば一旦完了です。

NRAの提出

元々問い合わせをした際に提出が必要とされていたのはW-8BENのみでしたが、提出後1か月程経ってからNRA(Non-Resident Alien : 米国非居住者証明)の提出を求められ、Message Center経由で下記のPDFが送られてきました。

その名の通り米国に住んでいないことを証明するもので、下記に実際どのように記入したかを示します。

NRA 表紙の記入方法

Picture6

①…サインを記入
②…Charles Schwabのアカウント番号

NRA Section I/Section IIの記入方法

Picture7

③…海外赴任者であれば赤線部をチェック(それ以外の属性であれば他項目をチェック)
④…赤線部をチェック(183日ルールの詳細はステラリスクマネジメントサービスに説明があります)

⑤…今年度の米国滞在日数
⑥…前年度の米国滞在日数
⑦…前々年度の米国滞在日数

NRA Section III/Section IVの記入方法

Picture8

⑧…183日ルールに当てはまっていればチェック
⑨…Japanを記入
⑩…例:I had lived in U.S to work as an expat since 赴任した日付 and then I went back to Japan.
⑪…例:My current address is 日本の住所. The reason why I use U.S address and telephone number is that I had lived in U.S from 赴任した日付 to 帰任した日付

これでNRAは完成になります。

W-8BENと同様、Message Center経由で添付して送付すれば大丈夫です。

不明点はChatで確認

以上の手順で必要な手続きは網羅てきているはずですが、今後細かな部分は更新していこうと思います。

不明点がもしあればCharles SchwabにChat機能がありますので、そちらで確認して頂ければと思います。

分かりづらい点や不明点があればコメントを下さい!

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

コメント

  1. wm より:

    コメントにお返事いただいていたのに気付かなくてすみません。無事口座開設して勉強しながら投資を開始しています。
    帰国後の手続き、すごく参考になりました。今後も口座周りの続報記事楽しみにしています。
    ところで、海外資産についてご自身に何かあったときの対策は何かされていますか?
    老後の手じまい前の不測の事態で家族にかかる手間は、出来るだけ最小にしたいです。私はまだ金額も小さいため、Joint口座にはせず、Designated Beneficiaryを設定したのですが、非居住者になると設定がキャンセルされてしまうようなので、いずれ(帰国前等?)Jointに設定し直すべきなのか検討中です。

    また、口座維持できなくなった場合の対策は何か考えておられますか?
    過去にTDAmeritradeが日本を含む一部の米国外居住者に強制的に口座閉鎖を迫ったようですね。Schwabも一部の米国外居住者(USCitizenが対象だったようですが)に同様の対応をしたことがあるそうです。突然の強制終了の可能性は長期投資のリスクであるため、作れるうちに他社に受け皿となる口座を持つべきか考え中です(米国内に複数口座を持っても運次第な気もしますが。。。)。
    もし何か対策・検討されていたら教えてください。

    • MM より:

      wmさん

      遅くなってしまい申し訳ございません!再びのコメントありがとうございます。
      維持できなくなった時のリスクヘッジ、恥ずかしながら出来ていないが現状です。。。

      一応Transfer Wiseという送金サービスの口座を開設して、少額でも徐々に日本に移していこうかとは考えているのですが。。
      出来るとすればCharles schwabでの株式を全て売る、位なので運が悪ければ損失のまま米国での投資を終えることになります。

      もし米国在住だったらもう一つ証券会社の口座を持っておきたいですね。
      予定としては徐々に米国資産は日本に移そうとは考えています。ここら辺は非居住者のリスクですね。

  2. JCOM より:

    お待ちしておりました!
    ありがとうございます。

    ところで、W8 BENを提出すると、International Accountとなり、取引できる銘柄に限りが出ると連絡を受けたのですが、MMさんはInternational Accountとなっておりますか?

    また、海外の口座を維持していると、
    日本での確定申告の手間や、配当金が総合課税となるなど、
    不利な点も多いのかと思いましたが、
    あえて海外の口座を維持されるのは、他に大きなメリットがあったからでしょうか?
    ぶしつけなご質問で大変恐縮ですが、アドバイス頂けましたら嬉しいです。