ギリギリ黒字!家族3人の家計簿を締めました (2018年8 月)

こんにちは、家計予算担当のMMです。

諸事情でブログの間隔があいてしまいました。

米国赴任から帰国後初の夏を過ごしましたが、7月8月は毎日一日中クーラーをつけっぱなしにする程の暑さでした。

普段はラテマネーを使わないようにしていますが、さすがにこの暑さでは水分補給必須なので、気にせず都度自販機を利用しました。

9月からは少し涼しくなるとよいなと思います。

それでは今月も家計を締めようと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

家計実績 (全体)

費目 実績 実績 差異
家賃 ¥105,000 ¥105,000 ¥0
奨学金返済 ¥17,000 ¥17,000 ¥0
通信費 ¥8,800 ¥6,641 -¥2,159
保険 ¥3,826 ¥3,826 ¥0
妻おこづかい ¥30,000 ¥30,000 ¥0
夫おこづかい ¥15,000 ¥15,000 ¥0
生活固定費合計 ¥179,626 ¥177,467 -¥2,159
食費 ¥35,000 ¥34,968 -¥32
電気 ¥6,000 ¥4,908 -¥1,092
ガス ¥6,000 ¥2,270 -¥3,730
水道 ¥5,000 ¥0 -¥5,000
交通費 ¥10,000 ¥13,000 ¥3,000
交際費 ¥10,000 ¥13,995 ¥3,995
日用品費 ¥7,500 ¥7,460 -¥40
子供費(日用品) ¥10,000 ¥11,441 ¥1,441
子供費(習い事) ¥15,000 ¥18,100 ¥3,100 
生活変動費合計 ¥104,500 ¥106,142 ¥1,642
旅行費等積立 ¥37,381 ¥37,381 ¥0
投資 ¥3,500 ¥3,500 ¥0
貯蓄・積立合計 ¥40,881 ¥40,881 ¥0
支出合計 ¥325,007 ¥324,490 -¥517

*青は好転、赤は悪化

全体としては 517 円 の好転となりました。

子供の習い事費は月9,000円予定ですが先月引き落としができなかった関係で2倍の支出になっています。

各項目プラスマイナスはありますが、全体としては何とか予算通りの着地となりました。

家計のルール

予算は自分が立てていますが、毎月の家計の管理は妻がしています。

そして毎月予算に対して実績が好転した場合は、家計管理者(妻)の功績が大きいですのでインセンティブとして好転額の半分を妻おこづかいに上乗せ残り半分は家庭の貯蓄(投資資金)にまわすことにしています。

今月は  517 円 好転しましたので、妻の手柄分が  209 円、家計の貯蓄へまわる分は 208円 となります。

家計実績 (個別)

支出

支出は大きく生活固定費生活変動費 に分けています。

生活固定費

家賃

いつも通りで変更はありません。

奨学金返済

夫である自分が大学進学時に総額240万円の奨学金(第二種)を借りていますので、その返済を2024年まで続ける予定です。

妻には奨学金返済はありません。

通信費

通信費にはスマホ代とインターネット代が含まれています。

スマホは夫婦ともにmineoでそれぞれ1,103円(合計2,206円)のプランに加えて通話はスマートークを利用しており500円、合計で2,706円でした。

インターネットはGMOとくとくBB WIMAX2+ギガ放題3,935円、スマホ+インターネットで6,641 円の実績となり、予算に対しては2,159円の好転です。

スマホとインターネットプロバイダの選定理由は下記記事で紹介しています。

こんにちは、MMです。 米国赴任時の途中から我が家のスマホは格安SIM(MVNO)にしていましたが、毎月の固定...
こんにちは、MMです。 米国赴任から帰任して日本での生活を再開するには電気ガス、スマホ、インターネットといった生活イン...

保険

勤め先のグループ生命保険に入っていて、3,826円を払っています。

おこづかい

小遣いは使いきれなくても家計からは落とし、各自で持ち越しをするようにしています。

妻の方が多いのは女性の方が支出が多いこと、毎日お弁当を作ってもらっていることによる食費好転分の反映、になります。

生活変動費

生活変動費は家計の中で毎月の努力の余地がある所になります。

食費

今月は 34,968円 の実績で32円の好転となりました。

食費は健康に直結するためあまり節約しない部分になりますが、今の所は大丈夫そうですので、今の予算を維持します。

ここはやりくりをしてくれている妻に感謝です。。

電気・ガス・水道

電気・ガスは東京ガスで申込をしていますが、電気は4,908円、ガスは2,270 円となり、それぞれ6,000円ずつで予算化をしているので大幅な好転です。

ただ来月の電気代は大幅増が確定しています‥

水道は2ヶ月に1度の請求ですので今月は丸々好転です。

東京ガスを選定した理由は下記記事で紹介しています。

こんにちは、MMです。 海外赴任から帰国するとホッとするのも束の間、住居選定(持家がない場合)+生活立上げとい...

交通費

交通費には、電車・バス賃、レンタカー、カーシェアが含まれます。

諸々移動が多かったので13,000円とまた予算をオーバーしてしまいました。

殆どが電車賃ですが、意外と掛かっており、そろそろ予算の見直しが必要かもしれません。

交際費

夏休みということで13,995円と予算を大幅にオーバーしてしまいました。

費用改善のための工夫をしようと思います。

日用品費

7,460 円の実績でほぼ予算通り、基本的には楽天を利用しています。

子供費(日用品)

11,441円とオーバーしてしまいましたが、誤差の範囲としています。

子供費(習い事)

本来は現在通っている体操教室兼保育の2ヶ月分の月謝1.8万円が引き落とされました。

貯蓄・積立

旅行費、慶弔費、医療費等の合計で37,381円を毎月積み立てることにしています。

積み立てているお金の中から都度使っていくイメージで、おそらく予算化した金額で1年間問題ないはずです。

また投資に関しては毎月の給料からは3,500円を捻出します。

金額が少ないですが、その他はボーナスから出すこととします。

まとめ

何とか黒字で着地しましたが、中々まだ支出が安定しない所があります。

ただ総枠としては予算内にギリギリ収まっているので良しとします。

家計は資産形成の大元ですのでしっかり取り組んでいきます!

こんにちは、MMです。 我が家では家計の長期予算、中期予算、短期予算(1年、毎月)の作成は夫である自分...

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告