引き続きの株価下落!企業型確定拠出年金の運用実績 (2018年3月)


こんにちは、兼業投資家のMMです。

現在企業型確定拠出年金に加入していますが、入社時はほぼ元本保証型で6年間運用(放置)し、2015年8月から毎月チェックをするようにしています。

2015年8月に一度投資先を変えてからはそのまま維持していましたが、今回はポートフォリオの変更を行いました。

まだまだ先は長いですが、少しでも多くのリターンを求めて行きたいです。

それでは今月も運用状況を見ていきます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

企業型確定拠出年金 運用状況

最新の運用状況はこちらになります。

181

運用金額 ¥1,072,788 に対して、時価 ¥1,101,633 と 運用益 ¥ 26,845、利回りは 2.5%となっています。

対前月では利回りが-0.7%となっていますが、2ヶ月連続で米国金利上昇を懸念した株式市場下落、リスクオフの高まりからの円高が要因となっています。

日本株式、外国株式(新興国)、外国株式(日本除く世界)はいずれも1%を超える下落、日本債券はプラス、外国債券はマイナスとなりましたが、円高を考慮すると実質プラスになります。

株式が下がり、債券が上がった1ヶ月となりました。

現在の投資割合

2018年3月時点の投資配分になります。

引き続きの株価下落により債券比率が大きく高まっています。

182

目標は株式70%、債券30%としていますが、現在は株式の比率が大きく下がっています。

毎月の投資配分

現在は毎月¥12,000が勤務先から拠出されています。

株式比率が目標に対してかなり低くなっていますので、下記のとおりとしています。

183

株式9割、債券1割で積立を行い、目標の株式7割を目指します。

まとめ

引き続き対前月でマイナスとなりました。

しばらくは株式市場も不安定な状況が続きそうですが、理想は株価が下がった状態で比率を高めることですが、難しいのが実態です。

ただ今後の運用期間を考えて、株式100%行くべきか、債券を交ぜるべきか、確定拠出年金以外の資産運用と合わせて戦略を練るべきかは迷っているところですので、なるべく早く結論を出そうと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告