海外赴任生活で日本からアメリカに持ってきて良かったモノ10選

こんにちは、アメリカに海外赴任中のMMです。

今はグローバル化がかなり進んでいますので、世界の大都市であれば世界中のモノを手に入れることが出来ます。

アメリカでも質の差はあれど、食材から電化製品まで日本のモノを手に入れることが出来ますし、代替品もいくらでもありますので、生活に困ることはありません。

実店舗が無くても、ネットで買い物が出来ますので、とても便利な世の中になりましたね。

ですがいくら代替品があると言っても、やっぱり日本製のモノが良いものや代替品が無いモノも中にはあり、「かゆいものに手が届く」のはやっぱり日本で売っているものだったりします。

そこで今回はアメリカでの海外赴任生活で大活躍している日本から持ってきたモノ10選を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

電子炊飯器

日本からアメリカに持ってきて良かったモノで何が一番かと聞かれれば、真っ先に電子炊飯器を挙げます。

アメリカでもアジア系スーパー等に売っていますが、値段も高いですし、同じ値段であれば日本でかなり良いモノが買えます。

我が家では象印の電子炊飯器を使っていますが、熱をしっかり通す南部鉄器の厚釜、お米の甘さを引き出す「熟成炊き」機能が搭載されており、カリフォルニア米でも日本の時と同等、そりもおいしいご飯が食べられています

日本の時は安い炊飯器を使っていたので、炊飯器を変えただけでこんなにおいしくなるんだと感じました。

日本人にとってご飯は欠かせないものですので、海外生活においては機能が良い電子炊飯器は必須です。

マッサージャー

普段生活しているとどうしても体が凝ってきますが、アメリカには日本の整体やマッサージのような所は中々ありません。

アジア人が多い地域であれば中国式マッサージの所があったり、アメリカ人向けのカイロがあったりしますが、海外生活をしている中ではそういう所を訪れるのは敷居が高く感じます。

そういう時に日本製のマッサージャーが役に立ちます。

我が家ではパナソニックの目元エステとおうちリフレを使っていますが、かなり役に立っています。

目元エステは厳密にはマッサージャーではありませんが、ジワッと目元を温める機能と心地良い振動が疲れた目元を癒してくれますし、すぐ眠りに付けます。

おうちリフレは低周波マッサージですので、凝った首、肩、背中、足をほぐすのにとても良いです。

海外赴任だと色々と疲れもたまりやすいので、良いリラックスの手段にもなります。

こういう製品は他で見たことがないので、個人的にはもっと世界で売れそうだなと感じています。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告