女性CEOの企業は利益率が高い!株式投資の基準の一つにしてみる

こんにちは、兼業投資家のMMです。

近年、女性の社会進出が世界的に進んでいることから女性リーダーも多くなってきています。

アメリカビジネス界ではその流れは顕著で、企業内の女性管理職はもちろん、会社を引っ張る女性CEOの数も増えてきています。

と言ってもまだまだ男性CEOに比べると女性CEOの数は少ないのですが、それもあって女性CEOの企業業績は注目されやすくあります。

色々な記事で女性CEO企業のパフォーマンスの分析がされていますが、最近はどの記事も女性CEO企業のパフォーマンスは良いという論調で統一されている印象を受けます。

もし女性CEOの方がより利益を上げ、株主に還元しているのであれば、投資家としては注目に値しますね。

今回の記事では女性CEOに焦点を当ててみたいと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

女性CEO企業のパフォーマンス

米経済雑誌のフォーブスは年に1回、企業の総収入に基づきランキングを発表しています。

最も有名なのはフォーチュン500という総収入上位500社のランキングになりますが、上位1000社のフォーチュン1000の2015年版の内、女性CEOの企業の株式リターンは S&P500の 3倍に上ります

また経済情報サイトQuartsによると、世界91カ国21,980の企業の分析結果から、CEOもしくは役員に女性を30%以上配置している企業は純利益率が6%高いというデータが出ています。

なぜ利益率が高い

これらはあくまでデータによる分析であり、なぜ女性CEOだと利益率が高いのかについては詳細な研究データはありません。

ですのでここからは個人的な予想を述べてみます。

以前テレビかどこかのサイトで見たのですが、元来ヒトは男女によって得意なこと、出来ることが違います。

石器時代まで遡ると男性は外に出て狩りをし食料を調達、女性は家を守り子供を育てる、というのが動物としての本能的な能力になります。

この能力を現代ビジネスに当てはめてみると、男性は起業や新たなビジネスを作り出すことが得意であり(≒外に出て狩りをする)、女性は既存の組織を守り発展させていくことが得意(≒家を守る)ということになります。

もしこの仮説が正しいとすると、一度軌道に乗った企業に関しては女性CEOの方が適しているということになります。

確固たる根拠がありませんが、こういうことを考えてみるのも面白いですね。

Fortune 500 における女性CEO企業

フォーチュン500の中には女性CEOの企業が現在25社あります。(2016年時点)

CEO 企業名 ランク tckr
メアリー・バーラ ゼネラルモーターズ 6 GM
メグ・ホイットマン ヒューレットパッカード 19 HPQ
バージニア・ロメッティ IBM 24 IBM
インドラ・ヌーイ ペプシコ 44 PEP
マリリン・ヒューソン ロッキードマーティン 64 LMT
サフラ・キャッツ オラクル 81 ORCL
アイリーン・ローゼンフェルド モンデリーズインターナショナル 91 MDLZ
フィービー・ノヴァコヴィッチ ゼネラルダイナミクス 100 GD
キャロル・メイロウィッツ TJX 103 TJX
リン・グッド デュークエナジー 116 DUK
トリシア・グリフィス プログレッシブ 137 PGR
ウルスラ・バーンズ ゼロックスコーポレーション 143 XRX
ディアンナ・マリガン ガーディアンインシュランスオブアメリカ 254  
バーバラ・レントレー ロスストアーズ 269 ROST
デブラ・リード センプラエナジー 270 SRE
アンナ・マニング リインシュランスグループオブアメリカ 271 RGA
キンバリー・ルーベル CSTブランド 277 CST
シェリ・マッコイ エイボンプロダクツ 322 AVP
メアリー・ラシンガー ベリティブコーポレーション 323 VRTV
スーザン・キャメロン レイノルズアメリカ 337 RAI
デニーズ・モリソン キャンベルスープ 342 CPB
キャサリン・マッツァレッラ グレイバーエレクトロニック 445  
アイリーン・ゴードン イングレディオン 462 INGR
リサ・スー アドバンスドマイクロデバイセズ 473 AMD
ジャックリーン・ヒンマン CH2M ヒル 480  

この中にはいくつか日本でも有名な企業がありますね。

ゼネラルモーターズのメアリー・バーラは重厚長大の保守的な自動車業界初の女性CEOとして大きく注目されました。

ヒューレットパッカードやIBM、ペプシコといった日本でも有名な企業も現在女性CEOが指揮を取っています。

500社中25社ということで比率にするとわずか5%ですが、株価や利益の上昇が明らかになると株主たちも女性CEOをもっと望むようになりそうですね。

マイポートフォリオ

実はマイポートフォリオにも女性CEO企業があります。

ゼネラルモーターズヒューレットパッカードです。

これらの企業はあくまでバリュー株として購入したのですが、ゼネラルモーターズのトータルリターンは現在+23%、ヒューレットパッカードのトータルリターンは+82%と市場平均を大きく上回っています。(参照 アメリカ株運用状況 2017年3月)

自分の資産も女性CEOの恩恵を受けていました。

まとめ

あくまで基準の一つですが、CEOが女性の企業を株式選定の時に気にしてみるのも良いと思います。

理由は明確にはなっていませんが、データとしては良いパフォーマンスを上げているのは事実です。

今後はどんどん多様性が求められていますので、その多様性を身につけているCEOの企業が株主に利益を与えてくれるかもしれません。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告