米国資産運用状況 2016年12月

こんにちは、兼業投資家のMMです。

現在アメリカに海外赴任中のため、日本にある日本円資産を運用することはできませんが、米ドルでは投資による資産運用を行っています。

取引は米国オンライン証券最大手のチャールズシュワブコーポレーション(Charles Schwab Corporation )で行っています。

毎月5日に積立投資を行っていますので、最新の資産運用状況を確認していこうと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

米国資産運用状況まとめ

現在の運用状況は下記の通りとなっています。

5 6

全体

投資総額 $13,664.83 (約154万円) に対し時価総額 $15.679.42 (約177万円)、運用益は+$2,014,59(約23万円)、損益率は +14.74% となっています。

損益率は前月と比べると +5.14% と大幅に好転しています。

先月の大統領選後から株式市場は好転をし続け、そのままの傾向が今月まで続いたことから、ポートフォリオにも大きく影響をしました。

個別分析

個別の状況を見て行こうと思います。

投資信託

投資信託は基本的にS&P500インデックスファンドですので、米国株式市場とほぼ同じ動きをしています。

世界経済インデックスファンド以外は堅調に推移し、全体としても対前月+2.8%となりました。

ETF

投資待機資金 $400 を REIT に追加投資しました。

一般的に金利が上がると REIT は売られやすくなる傾向がありますが、個別株が全体的に割高になっていること、ミドルリスク・ミドルリターンの投資先を増やしたいことから今回追加投資をしました。

個別株

投資信託の同様に市場の上昇に伴い、個別株も大幅上昇しました。

株価指数よりも上昇幅が大きいのは、これらを割安の時に買った、いわゆるバリュー投資の効果であると考えています。

個別株全体としても対前月 +15%、通算損益率でも +42% となりました。

中でも対前月 +26% と牽引した輸送サービスを展開する Celadon Group(セラドングループ)は、ミリタリーフレンドリー企業(退役軍人を積極的に採用)に選ばれたことから株価が急騰したとの分析があります。

アメリカ国内では、退役軍人は国を守るという大変な仕事を担ってきたことから、尊敬を集め、様々な社会サービスでも優遇されます。

その退役軍人に関する賞を貰うことが株価にも影響する位ですので、いかに大きな存在かがわかりますね。

コア・サテライト比率

コア・サテライト比率を見ていきます。

6

コアの損益率は +4.66%、サテライトの損益率は +28.21% となっています。

コアの目標損益率は 3-5%を想定していますので、良い状況です。

サテライトに関しては、一時的に良くなっているだけということは理解していますので、最終的に 5-8%を目指します。

コア・サテライト比率は、サテライトを構成する個別株が大幅上昇したため比率が上がっていますが、特に意図したわけではないので、このままで問題ありません。

毎月の投資積立額

毎月家計から投資資金として $801 (約8万円)を捻出し、下記の通りに投資を行っています。

臨時収入や家計好転の余りが出た場合は、サテライトの個別株 or 投資信託に上乗せをしています。

投資先 区分 金額
米大型バリュー株ファンド コア $170
世界経済インデックスファンド(米国除く) コア $170
S&Pインデックスファンド コア $170
米小型株バランスファンド サテライト $130
個別株 or 投資信託 サテライト $161

まとめ

今月は大幅好転となりました。

ですが、投資方針としてはあくまで長期 (実際には帰国までなの中期) ですので、毎月の損益には一喜一憂をしないようにしています。

これらの投資で意識していることは、あくまでお金を減らさないこと、最終的に投資額の3%程の運用益を得ることが出来れば万々歳と今の所は考えています。

基本的には積立投資ですので、今後も特に意識することなく、コツコツやっていこうと思います!

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告