アメリカで開設した証券会社は日本でも使える?直接問い合わせてみた

こんにちは、兼業投資家のMMです。

アメリカに赴任以来、チャールズシュワブ証券(Charles Schwab)で資産運用を行っていますが、ブログを通して何回か「日本帰国後も米国証券会社での投資を続けますか」という質問を頂きました。

当初は日本でも米国証券会社を使い続けるなんて全く考えていなかったのですが、慣れ親しんだ米国市場と使いやすいサイトを日本でも続けられれば資産運用もしやすいな、と思うようになりました。

日本から開設できる米国証券会社についてはネット上に情報があるものの、米国で開設した証券会社が日本で使えるかについては全く情報がありませんでしたので、調べてみました。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

チャールズシュワブ証券は日本でも使える

結論からになりますが、現在使っている 米国三大ネット証券の一つである チャールズシュワブ証券(Charles Schwab)は日本でも利用可能です。

インターネットの問い合わせだけでは分からず、電話して問い合わせた所、米国で口座を開設して半年以上経っていれば日本でも引き続き使用可能、とのことでした。

ただし日本で引き続き使うにはアメリカ側と日本側でやるべきことがありますので、紹介していきます。

米国証券会社側でやるべきこと

米国証券会社側でやるべきことは2つ、Form W-8BEN の証券会社への提出と Form1042S の受取りです。

Form W-8BENの提出

Form W-8BENとは、米国居住者ではなく日本居住者であることを証明する書類になります。(参照:リーディングカンパニー米国法律事務所)

日米間の租税条約では、株の売買で得た利益 (キャピタルゲイン)に関しては、居住国側で払うことになっています。

Form W-8BENを提出すれば米国証券会社で投資利益を上げたとしても、アメリカで税金を払う必要はなく、日本で税金を払えば良いことになります。

*株式譲渡益(キャピタルゲイン)に関しては日本国内の税金(20.315%)を払えば良いですが、配当金の場合は米国側で10%の源泉所得税が引かれます。

日本に戻った後にアメリカの証券会社に住所変更を連絡すると、このForm W-8BENを記入するように指示があるはずです。

この書類は証券会社だけでなく、銀行も同じですので、アメリカの銀行を使い続ける人も同様に提出が必要です。

Form W-8BENのサンプルはこちらです。(Charles Schwabより)

Form 1042S の受取り

Form 1042Sとは、米国に住んでいない外国人の配当金から10%の源泉所得税が引かれたことを示す書類になります。

上記の Form W-8BENを提出すると、証券会社側がアメリカ国外に住む外国人であることを認識し、キャピタルゲインの非課税化とともに配当金に対して10%の源泉所得税を自動で引くようになります。

そして証券会社からその源泉所得税額が Form 1042Sで送られてきます。(Form 1042S の送付は証券会社側の義務になります)

この Form1042S は後述する外国税額控除を受けるために必要になります。

日本側でやるべきこと

日本側でやるべきことも2つ、一般口座としての確定申告外国税額控除の申請になります。

確定申告

米国証券会社で利益(キャピタルゲイン+配当金)を上げた場合、一般口座による確定申告が必要となります。

一般口座とは、投資家が自ら1年間の売買記録をして年間取引書を作成、確定申告をする必要がある口座になります。

日本の証券会社の場合、特定口座といって年間取引所を自動作成してくれる口座がありますが(=確定申告が簡単)、米国証券会社の場合は、投資家自らが全てを行う必要があります。

米国で確定申告は経験していても日本では初という方もいると思いますので(まさに自分がそうです)、一般口座での確定申告をどのように行うかは先人の方を参考にするのが最良です。

「81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える」を運営されているゆ~てぃさんが「一般口座での株式・投資信託の確定申告に必要な情報をまとめました」でわかりやすく解説をしてくれていますので、参照してみてください。

実際日本に帰国したら自分でも手順をまとめておこうと思います。

外国税額控除の申請

もう一つやるべきことは外国税額控除の申請です。

株式譲渡益(キャピタルゲイン)に関しては米国側では課税はされませんが、配当金に関しては米国側で10%、日本国内でも 20.315%といわゆる二重課税となっています。

外国税額控除とは、米国側で課税されている10%を戻すための制度となります。(最大10%分を所得税から控除)

外国税額控除の申請も、「81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える」を運営されているゆ~てぃさんが「確定申告書作成コーナーで外国税額控除やってみました」で解説されていますので、参照してみて下さい。

米国証券会社の記録については送付されてくる Form1042S を使えば問題ありません。

証券会社側に確認を

今回は僕が使っているチャールズシュワブ証券(Charles Schwab)の場合でしたが、おそらく他の米国証券会社でも日本で引き続き使用できる所はあるはずです。

ですが、引き続き日本で使えるか、必要書類や手続きは何か、を確認しておいた方が良いですね。

証券会社によっては米国国外での取引が不可能としている所もあります。

確定申告や届出など少し面倒なこともありますが、米国市場の全銘柄に投資できること、DRIPを利用できること、慣れた証券会社をそのまま使い続けることができる、等メリットも多くあります。

せっかく開設した米国証券会社などで、日本でも使える、という選択肢をもっておくことはプラスですね。

まとめ

チャールズシュワブ証券(Charles Schwab)に関しては、日本でも引き続き使用可能です。(他証券会社は要確認)

米国証券会社側でやるべきことは2つ、Form W-8BENを提出すること、Form1042Sを受け取って外国税額控除を利用すること。

日本側でやるべきことは2つ、確定申告(一般口座)外国税額控除の申請です。

米国で開設した証券会社を日本帰国後も使い続ける人はあまりいないかもしれませんが、今回の記事が役に立てば幸いです。

アメリカのおすすめ証券会社に関してはこちらを参照してみて下さい。

アメリカ在住者におすすめの米国証券会社まとめ
こんにちは、兼業投資家のMMです。 アメリカ赴任後も現地の米国証券会社に口座を開き、資産運用を行っています。 ...
宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

コメント

  1. nakaG より:

    MMさん、
    証券口座の利用継続確認、おめでとうございます❗
    DRIPで雪だるまが継続できるかもですね。

    後は、円ドルの資金移動手続ですかね?

    • MM より:

      nakaGさん

      どうもありがとうございます!
      助言を頂いたことで新たな可能性を見つけることができましたので、とても感謝しております。

      Dripはぜひ利用したいと思います。

      そうですね、ドル円送金については米国赴任当初はFXとシティバンクで行ったのですが、今でもそれが一番おトクかはもう一度調べてまとめておこうと思います!