海外赴任50ヶ月目の総資産状況(時価ベース) 2017年6月1日時点

こんにちは、家計予算担当のMMです。

今年もあっという間に6月です。

6月というと上期も終わりですので、何かとバタバタと忙しい時期です。

6月の忙しい時期を乗り切れば 7/1 – 7/4 は独立記念日連休の所が多いですので、そこを楽しみに皆頑張りますね。

BBQシーズンも到来で、今年はなるべく多くやりたいと思います。

それでは最新の総資産状況を確認していきます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

2017年6月1日時点総資産状況

53

全体

前月比 +46万円 の総資産額 1,923 万円となりました。(1ドル=111.47円前提)

帰国予定である2018年初旬までの目標金額は 2,500万円としていますので、目標までは残り 577万円となりました。(今の所2,500万円は住宅購入費用です。)

対前月+46万円と大きく伸びましたが、持株会の伸び、米ドル資産の普通預金、株式の伸びが要因です。

各項目を分析していきます。

日本円資産

前月比 +26万円の計 1,320万円になりました。

普通預金

毎月日本の口座に振り込まれる手当で 6.3万円 分増えています。

ここはいつも通り変更はありません。

財形貯蓄

毎月 1,000円を積み立てているのでその分の増加となります。

株式 (持株会)

海外駐在員は日本では非居住者という扱いになり、日本の証券会社での取引を行うことが出来ません。

(参照:海外赴任者は日本での資産運用ができない!?非居住者の投資事情について)

つまり株による資産運用が出来ないことになりますが、唯一合法的に出来るのが持株会ですので、最大限利用しています。

毎月 8万円 の積立を行っていますが、今回は日経平均の上昇と共に上がりましたので、トータルで+19万円となりました。(純粋な評価益は+10万円程)

先月に引き続き、今回の総資産の増えもこの持株会の影響が大きいです。

米ドル資産

前月比 +20万円の計603万円となりました。

ドル円の為替レートは前月比 0.06円の円高となり、為替影響は軽微です。

普通預金

前月比 +10万円となりましたが、5月は小旅行に行ったものの大きな出費が無く、旅行積立費が溜まっていることもあり大幅に伸びました。

来月の4連休では出かける予定ですので、伸びが鈍化することが予想されます。

株式

前月比 +10万円となりましたが、保有株が上昇したこと、節約による家計好転分が追加されたことでプラスとなりました。

2017年6月1日時点資産配分状況

54

総資産に占める安全資産の合計は 65%、リスク資産の割合は 35% となっています。

 

生活防衛資金も十分ありますので、このままリスク資産を増やします。

米ドル資産600万円は家計管理の賜物

米ドル資産が現金と株式合わせて 600万円まで積み上がってきました。

海外赴任者の現地給料は基本的に生活費なので、若手と言われる人たちは物価の高い欧米では節約をしないと中々貯金をすることが出来ません。

現地国給与は使い切り、日本に入る海外赴任手当てのみが貯金となるケースは少なくありません。

そんな中我が家が 600万円 まで積上げることが出来たのは家計管理のおかげです。

赴任してから生活の立ち上げと同時にアメリカ国内での家計管理を始めたことで、極力ムダを減らし、行動を起こしていったことで結果に繋がっています。

時間は投資において大きな武器になりますが、家計管理も同じです。

早く始めれば始めるだけ大きな効果を得ることが出来ます。

仕事同等、それ以上に家計に関しては今後も真剣に取り組んでいこうと思います。

まとめ

今月も何とか総資産をプラスにすることが出来ました。

ですが、現在は当初の見込みよりも円安(予算上は1ドル=100円)、かつ株高の影響で自社株もアメリカ株もかなり上がっています。

そのことに一喜一憂はしないで、しっかりと毎月やるべきことを行おうと思います。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告