海外赴任51ヶ月目の総資産状況(時価ベース) 2017年7月1日時点

こんにちは、家計予算担当のMMです。

今年も上期が終わりですね。

この上期は個人的に色々あったのでとても長かったなと感じます。

アメリカは7/1-7/4までが独立記念日で連休の会社が多いので、この連休中は皆BBQをしたり、プールに行ったりと大いに盛り上がります。

夏至も過ぎ少しずつ日が短くなってしまいますが、まだまだ明るいので今のうちに楽しんでおかなければですね。

それでは最新の総資産状況を確認していきます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

2017年7月1日時点総資産状況

59

全体

前月比 +132万円 の総資産額 2,055万円となりました。(1ドル=112.20円前提)

帰国予定である2018年初旬までの目標金額は 2,500万円としていますので、目標までは残り 445万円となりました。(今の所2,500万円は住宅購入費用です。)

対前月+132万円とかなり大きく伸びましたが、今月はボーナスが入ったことと、株式が日本・米国共に上昇したことが影響しています。

各項目を分析していきます。

日本円資産

前月比 +100万円の計 1,421万円になりました。

普通預金

毎月日本の口座に振り込まれる手当で 6.3万円 分に加え、ボーナスで40万円が加わっています。

ボーナスの影響はとても大きいですね。

財形貯蓄

毎月 1,000円を積み立てているのでその分の増加となります。

株式 (持株会)

海外駐在員は日本では非居住者という扱いになり、日本の証券会社での取引を行うことが出来ません。

(参照:海外赴任者は日本での資産運用ができない!?非居住者の投資事情について)

つまり株による資産運用が出来ないことになりますが、唯一合法的に出来るのが持株会ですので、最大限利用しています。

毎月 8万円 の積立に加え、今回はボーナスも40万円積立に回し、更に日経平均上昇に伴い株価上昇の影響も受けました。

最近は持株会の影響が大きくなっていますので、良い意味でも悪い意味でも気をつけなければなりません。

米ドル資産

前月比 +32万円の計634万円となりました。

ドル円の為替レートは前月比 0.73円の円安となり、米ドル資産における今回の為替影響は+4万円です。

普通預金

前月比 +12万円となりましたが、大きな出費が無く、旅行積立費やその他積立費が溜まっていることもあり大幅に伸びました。

今月の4連休も遠出をしないことになりましたので持ち越しになりそうです。

株式

前月比 +20万円となりましたが、保有株が上昇したこと、節約による家計好転分が追加されたことでプラスとなりました。

持ち株会同様、運用額が少しずつ大きくなってきたことと、運用損益+為替損益とリスクが大きい所になりますので、気をつけていきたいです。

2017年7月1日時点資産配分状況

60

総資産に占める安全資産の合計は 64%、リスク資産の割合は 36% となっています。

 

生活防衛資金も十分ありますので、このままリスク資産を増やします。

2,000万円超えを達成

今回総資産が2,000万円を超えることが出来ました。

子供の頃は「100万円」というお金が無限に感じられていた自分にとって、2,000万円も貯めることが出来たという事実はとても感慨深いです。

2000万円にくるまでの印象としては節約による貯金が多くを占めている印象を受けています。ただ元本ベースでは現在1,850万円弱で、投資益が約150万円程あります。

ある程度の金額までは節約による貯金がかなり有効で、その後は投資による影響が大きいと思います。実際に投資の運用資金が大きくなるにつれて毎月の影響額も大きくなっていることを実感しています。

今までは投資は勉強の要素もあり、損はある程度許容としていましたが、今後は更にリスク管理をしっかりしていかなければいけませんね。

今後の人生で掛かるお金をまだまだカバーできるだけの資産はありませんので、しっかり殖やしていく必要があります。

まとめ

今月も総資産がプラスになりました。

ただ現在は株高の影響で資産が増えていることもありますので、あくまで元本ベースでしっかり資産を積上げて行きたいと思います。

そろそろ本帰国を見据えて米ドル資産の出口戦略を考えていく時期ですね。

未実現利益を確実なものにするためにも、しっかり行動を起こして行きたいです。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

コメント

  1. 海外駐在初心者 より:

    ボーナスの時期が来ましたね。
    この記事を拝見してとても驚いたのですが、
    ボーナスが手取り80万円ということですか?
    MMさんの会社では海外駐在中だと
    ボーナスも多くなったりするのですか?

  2. MM より:

    海外駐在初心者さん

    はい、今回は手取りが80万円位になりました。(世界経済の好況に乗って少し業績が良かったです。)
    海外赴任をするとこのボーナスの扱いが難しくなるのですが、自分の場合は赴任をしたからと行って特別に加算されることはありません。

    会社によっては多くなる所もあるかもしれませんね。

  3. 海外駐在初心者 より:

    羨ましい限りです!
    うちの会社も特に加算もなくこんなに大きな額もないです…
    会社の規模が違うのですかね。
    MMさんはボーナスから天引きはされていますか?

  4. MM より:

    海外駐在初心者さん

    もしかしたら会社によってボーナスの多くは現地給与に振替えられているとかがあるのかもしれませんね。

    はい、ボーナスから天引きされています。それでも住民税が無いので幾分かマシになっているとは思います!

  5. 海外駐在初心者 より:

    うちの会社はボーナスは全額日本に振込されます。
    ただ単に額が少ないという事です…

    日本にいる時もそうですが、
    ボーナスからの天引き額なかなか大きいですよね。
    でも確かに住民税がない分助かりますね。
    収入にもよりますが、大体の人が年間20万前後は支払いがなくなっていますからね。
    そこは海外駐在員のメリットですね!

  6. MM より:

    海外駐在初心者さん

    そうですよね、天引き多いですよね。。
    住民税無いだけでかなり得した気分になりますね!

    帰国後は優遇税制を利用して節税をしていきたいですね。(赴任前はできていませんでした。。)