海外駐在46ヶ月目の総資産状況(時価ベース)を公開します 2017年1月1日時点

あけましておめでとうございます、MMです。

2017年は1月にアメリカ大統領の交代から始まり、3月にはオランダでの総選挙、4月から5月に掛けてはフランスの大統領選挙、9月にはドイツの議会選挙と政治の大イベントが控えています。

2016年同様、いつ市場が荒れるかわかりませんが、淡々と資産を積み上げていきたいと思います。

それでは最新の総資産状況(時価ベース)を見ていきます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

2017年1月1日時点総資産状況

3

全体

前月比 +121万円 の総資産額 1692 万円となりました。

帰国予定である2018年初旬までの目標金額は 2,500万円としていますので、目標までは残り 808万円となりました。(今の所2,500万円は住宅購入費用です。)

対前月+121万円と過去最高の増え幅となりましたが、背景はボーナスが入ったことと円安です。

各項目を分析していきます。

日本円資産

前月比 +83万円の計 1186万円になりました。

普通預金

毎月日本の口座に振り込まれる手当の6万円分とボーナスから24万円をまわしたので、+30万円となりました。

財形貯蓄

毎月 1,000円を積み立てているのでその分の増加となります。

株式 (持株会)

海外駐在員は日本では非居住者という扱いになり、日本の証券会社での取引を行うことが出来ません。

つまり株による資産運用が出来ないことになりますが、唯一合法的に出来るのが持株会ですので、最大限利用しています。

ボーナスと毎月の積み立てを合わせたことと株式市場が上向き、+52万円となりました。(それでも若干含み損です)

米ドル資産

前月比 +38万円の計 506万円となりました。

ドル円の為替レートは前月比 2.18円の円安となりました。

米ドルベースだと普通預金が大幅増、株式が微増となっています。

普通預金

万が一の時のために積み立てていた自動車保険費、オイル積み立て費、自動車点検費が年度末で不要となりましたので、全て貯金に振り替えたことで大幅な好転となりました。

株式

月中までは引き続きのトランプラリーとなりましたが、年末につれ調整が入り、月初時点と比べるとマイナスとなりました。

米ドルベースでは$800追加投資を行っていますが、$50程しか増えていませんので損が出ていることになります。

2017年1月1日時点資産配分状況

4

総資産に占める安全資産の合計は 70.3%、リスク資産の割合は 29.7% となっています。

 

今の所は上記のリスク資産の割合を35%以上にすることを目標としています。

対前年比較

2016年1月1日との総資産(時価ベース)での比較をしてみます。

*元本ベースでの比較はこちらになります。

5

時価ベースでは 494万円増 となりました。

元本ベースでは 379万円増 でしたので、115万円分更に増えたことになります。

為替レートでは2016年初より悪化しているので、為替による増加ではありません。

日本円、米ドルともに株式による評価益が115万円の増加につながりました。

投資スタイルはドルコスト平均法によるインデックス投資及びバリュー投資ですが、良い感じで結果が出てくれました。

6

この一年でリスク資産比率は11.2%増やすことが出来ました。

時価ベースで500万円増を目指す

今年1年間は昨年同様に時価ベースで500万円増を目指していきます。

元本ベースでは400万円増を目指していますので、少なくとも100万円は増やす必要があります。

具体的には投資を行う必要があると思いますが、時価ベースは世界経済や為替状況など、自分のコントロール範囲外の影響を強く受け、運の要素が強いため、目標は立てますがそれに固執はしないようにします。

あくまで大事なのはまず元本ベースでの目標を達成し、その上での時価ベースの達成です。

500万円増が出来るように頑張っていきます!

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告