2017年12月1日時点の総資産状況(時価ベース) 

こんにちは、家計予算担当のMMです。

今年も残り1ヶ月、アメリカでのイベントもクリスマスを残すのみとなりました。

アメリカでは12月決算が多いため、クリスマス商戦に向けて国全体が盛り上がっている様子が感じられます。

年末年始が休みという文化はありませんが、気持ち的にあと一ヶ月仕事も頑張って良い年越しをしたいですね。

月が締まりましたので最新の総資産状況を確認してみます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

2017年12月1日時点総資産状況

99

全体

前月比 +42万円 の総資産額 2,337万円となりました。(1ドル=112.30円前提)

帰国予定である2018年初旬までの目標金額は 2,500万円としていますので、目標までは残り 163万円となりました。(今の所2,500万円は住宅購入費用です。)

対前月+42万円とここ最近は大きく増えていますが、全世界的な株高による日本株、米国株の上昇が影響しています。

各項目を分析していきます。

日本円資産

前月比 +22万円の計 1,564万円になりました。

普通預金

毎月日本の口座に振り込まれる日本側の給料 6.3万円分が 増えています。

その他の収入源はありません。

財形貯蓄

毎月 1,000円を積み立てているのでその分の増加となります。

利率もあまり良くありませんので、帰国したら解約予定です。

株式 (持株会)

海外駐在員は日本では非居住者という扱いになり、日本の証券会社での取引を行うことが出来ません。

(参照:海外赴任者は日本での資産運用ができない!?非居住者の投資事情について)

つまり株による資産運用が出来ないことになりますが、唯一合法的に出来るのが持株会ですので、最大限利用しています。

毎月 8万円 を積み立てていますが、好調な日本株式市場に伴って+15万円との伸びとなりました。

持株会は海外赴任者が出来る唯一の日本での投資になります。

海外赴任者が日本株に投資できる唯一の方法「持株会」
こんにちは、MM@海外赴任中です。 今の所海外赴任になった場合は日本での投資をすることが出来ません。 (...

米ドル資産

前月比 +20万円の計753万円となりました。

ドル円の為替レートは前月比 1.13円の円高(113.43⇒112.30)となり、米ドル資産における今回の為替影響は-6.9万円です。

円高となりましたが、米国株式市場の好調による持株の上昇が米ドル資産増を押し上げました。

普通預金

前月比 +4.6万円となりました。

病院等の支出がありましたが、保険が適用されるため来月以降に戻ってくる予定です。

今後は寒くなり暖房を使うようになるため、石油代が掛かってきます。

株式

前月比 +16万円となりましたが、株高の追い風で増えました。

強い米国経済が続いていることで、持株もプラスになっています。

2017年12月1日時点資産配分状況

100

総資産に占める安全資産の合計は 60%、リスク資産の割合は 40% となっています。

 

生活防衛資金は十分確保できていると考えていますので、リスク資産をもっと増やしたいのが本音ですが、海外駐在だと帰国のタイミングもありますので、中々難しいです。

また帰国時期を見込んでリスク資産の清算をする必要があります。

リスク資産が1,000万円に近づく

現在リスク資産は934万円ともう少しで1,000万円に届きそうです。

節約家かつ防衛的投資家の自分にとって、1,000万円を一気に投資に回すことは不可能です。

ですが、毎月の積立をすることでここまで増やすことが出来ましたので、やはり毎月の積立は投資への心理的障壁を下げてくれるのだと思います。

1,000万円を運用しているなんで昔の自分には考えられないですね。(運用しているといってもほぼ毎月定額の買い付けです)

ただリスク資産は当然ながら増えることもありながら減るリスクもあります。

減る時に後悔が無いよう、投資先の資産配分はしっかり学んでおきたいですね。

まとめ

今月も総資産がプラスとなってくれました。

来月もしっかり節約をして資産増を達成したいと思います!

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告