2017年8月1日時点の総資産状況(時価ベース) 

こんにちは、家計予算担当のMMです。

7月も終わり8月になります。

8月は個人的に夏真っ盛りでとても好きなのですが、アメリカに来てからは日没の早さを感じるようになり、晩夏という感じがあります。

9月になると秋を感じますので、夏を楽しむにはこの1ヶ月が勝負になります。

8月には特に祝日はありませんので、有給を取って夏休みを作りたいですね。

それでは最新の総資産状況を確認します。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

2017年8月1日時点総資産状況

カテゴリ 資産額 (円) 前月比 (円) 資産額 ($) 前月比 ($)
普通預金 ¥8,171,000 +¥63,000    
財形貯蓄 ¥1,374,000 +¥1,000    
株式 (持株会) ¥4,838,452 +¥113,227    
日本円資産 計 ¥14,383,452 +¥177,227    
普通預金 ¥3,701,971 +¥58,837 $33,502 +$1,032
株式 ¥2,823,246 +¥124,262 $25,549 +$1,494
米ドル資産 計 ¥6,525,217 +¥183,099 $59,051 +$2,526
資産計 ¥20,908,669 +¥360,326    

全体

前月比 +36万円 の総資産額 2,091万円となりました。(1ドル=110.50円前提)

帰国予定である2018年初旬までの目標金額は 2,500万円としていますので、目標までは残り 409万円となりました。(今の所2,500万円は住宅購入費用です。)

対前月+36万円と伸びましたが、円高の影響を受けたものの、日米両国での株式市場の伸びが好転要素となりました。

各項目を分析していきます。

日本円資産

前月比 +18万円の計 1,438万円になりました。

普通預金

毎月日本の口座に振り込まれる手当 6.3万円分 増えています。

その他の収入源はありません。

財形貯蓄

毎月 1,000円を積み立てているのでその分の増加となります。

利率もあまり良くありませんので、帰国したら解約予定です。

株式 (持株会)

海外駐在員は日本では非居住者という扱いになり、日本の証券会社での取引を行うことが出来ません。

(参照:海外赴任者は日本での資産運用ができない!?非居住者の投資事情について)

つまり株による資産運用が出来ないことになりますが、唯一合法的に出来るのが持株会ですので、最大限利用しています。

毎月 8万円 を積み立てていますが、株高の影響で3.3万円の評価益が出ていますので、合計で+11.3万円となっています。

集中投資となってしまっているので、気をつけなければなりません。

米ドル資産

前月比 +18万円の計653万円となりました。

ドル円の為替レートは前月比 1.7円の円高(112.2⇒110.5)となり、米ドル資産における今回の為替影響は-10万円です。

先月と同じレートであれば+10万円でしたので、為替の影響が大きいことを感じます。

普通預金

前月比 +6万円となりましたが、仕事の関係もあり連休に旅行に行けなかったことで浮いた分になります。

8月、9月は少し出かける予定ですので、普通預金はあまり増えなくなる予定です。

株式

前月比 +12万円となりましたが、米国市場の伸びに伴って保有株の上昇したこと、節約による家計好転分が追加されたことでプラスとなりました。

最近は株式市場の過熱感に関するニュースをよく見ますが、いつ値下がりしてももおかしくない、ということを理解しておく必要があります。

2017年8月1日時点資産配分状況

カテゴリ 資産額 (円) 資産配分 比率 前月比
普通預金 ¥8,171,000 安全資産 39.1% -0.4%
財形貯蓄 ¥1,374,000 安全資産 6.6% -0.1%
株式 (持株会) ¥4,838,452 リスク資産 23.1% 0.1%
日本円資産 計 ¥14,383,452      
普通預金 ¥3,701,971 安全資産 17.7% 0.0%
株式 ¥2,823,246 リスク資産 13.5% 0.4%
米ドル資産 計 ¥6,525,217    

安全資産合計 ¥13,246,971 63.4% -0.5%
リスク資産合計 ¥7,661,698 36.6% 0.5%

総資産に占める安全資産の合計は 63%、リスク資産の割合は 37% となっています。

 

生活防衛資金は十分確保できていると考えていますので、リスク資産を増やしていくことに問題はありません。

株式の売却益に掛かる税金を考慮する

日本円資産、米ドル資産ともに株式に運用益が出ていますが、それらを売却する際には税金が掛かります。

日米ともに約20%の税金が掛かりますので、本当は総資産額からその20%分の税金を除いておく必要があります。

日本円資産の持株会の評価益は約60万円(奨励金、配当金除く)ですので12万円が税金で引かれ、米ドル資産の株式の評価益は約35万円なので7万円となるので、合計19万円は税金分として引かれる前提で考えなければなりません。

投資を行っているとついつい増やす方ばかりに目が行きがちですが、支払うべき税金もしっかり確認しておかないとですね。

まとめ

今月も総資産がプラスになりました。

総資産額が増えてくるにつれて為替の影響と株式市場の影響の大きさを実感します。

為替も株式もこの先どうなるか分かりませんので、どこかのタイミングで利益確定をして日本円に両替しておくのも一つの選択肢だと思います。

利益を確実なものにできるよう行動を起こしていこうと思います!

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告