TOEICって海外赴任で役に立つ?

こんにちは、海外赴任中サラリーマンのMMです。

ビジネスマンの英語力を測るツールとしてはTOEICが一般的になっています。

日本でのTOEIC運営を担っている国際ビジネスコミュニケーション協会によると、2014年度の日本におけるTOEIC受験者数は240万人に上っており、受験者数としては同じく200万人を超える漢検、英検とともにTOP3を形成する程の人気試験となっています。

グローバル化の流れと共に企業側も英語力のある人材を確保すべく、就職活動や転職、社内昇進の際にもTOEICのスコアを求められることが多くなっており、世間一般ではTOEIC = 英語力と認識されていることが言えます。

一方で通常のTOEICテストにはスピーキングテストが無いことから(TOEIC SWはまだ一般的では無いため除く)、いくら点数が高くても実践には繋がらない =英語が話せない、とも言われています。

ですが、海外赴任をしている身として思うのは「TOEICは海外赴任において非常に有用」だということです。

実は日本にいるときはTOEICは単なる筆記テストであり、あまり意味が無いと思っていたのですが、その考えがアメリカに来てからは変わりました。 そこでTOEICが海外赴任おいて有用であると考える理由を下記に示そうと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

TOEICには実践英語が多い

アメリカ赴任をしてから丸2年が経った時に初めてTOEICを受けましたが、そのときに気づいたのですが「普段仕事で使っている表現がたくさんある」ということです。

これはリスニング、リーディング両方ともです。

リスニングにおいて重要なのは

  • 英語そのものを聞き取ること
  • どういう場面であるかを想像しその会話の流れからどういう発言が続くかを予想できること

ですが、TOEICでは実際にあるやりとりの会話が結構流れてくるため、良い実践練習になります。

会話自体は形式的なものもありますが、実際の場面としてはあるものです。

リーティングも同様で普段の仕事でのメールのやりとりに出てくる表現や、実際に仕事で使う考えが出てきますので、こちらも良い実践練習になります。

普段使う機会が無いとTOEICの勉強もただの試験勉強としてしか認識が出来ませんが、実は業務でも使える実践英語が含まれているのです。

英語力を客観的に測れる

TOEICは合否判定のテストでは無く、スコアによって結果が出されます。

それにより現時点での自分の英語力を客観的に測ることができます。

ある程度高いスコアを取れていれば自信を持って堂々と英語は話せば良いですし、逆にそこまでスコアが伸びていなければ英語力を向上させなければいけないことが分かります。

英語の勉強を続けるためにはモチベーションを維持することが必要不可欠です。

そのモチベーションを続けるには自分の現在の英語力の可視化(=スコア化)が重要であり、現在の所その手段としてはTOEICが最も最適と考えます。

海外赴任後も英語力の向上は必要であり、能力向上の効果測定としてTOEIC受験はおススメ出来ます。

基礎力(単語、文法)向上に繋がる

海外赴任で生活をしていると当然ですが使う言語は英語の比率が圧倒的に多くなります。

話す時もメールの時もそうですが、綺麗な英語を使うよりはスピード重視で若干崩れた英語を使うようになります。

いわゆるブロークンイングリッシュと呼ばれるものです。

やはりネイティブではないのでスピードを意識すると、ブロークンイングリッシュになってしまい、しかもそれが定着してしまい、文法力、単語力が落ちるという結果になってしまいます。

実際僕自身もアメリカに来てからTOEICでのリスニング力は上がりましたが、文法力は落ちてしまいました。

そのままブロークンイングリッシュで通すことも勿論可能ですが、正しい英語を話す人とブロークンイングリッシュを話す人では当然前者の方が説得力があり、信頼を得る事ができます。

これはそのまま日本語を話す外国人でも同じことが言えますね。

なので正しい英語を話すことは仕事をやりやすくすることにも繋がります。

このブロークンイングリッシュを正しい英語に戻すための手段としてTOEICの勉強が役立ちます

日常生活で文法、単語を振り返る機会というのはあまりないため、TOEICを活用したいところです。

まとめ

TOEICは筆記テストですので、高いスコアを取るための準備をすれば、点を取ることも出来ます。

ですが、本当の英語力をつける意味でも良いツールですので、自分の本当の英語力を測るテストとして有効活用していきたいですね。

色々な意見があると思いますが、海外赴任をしている身からするとTOEICは十分海外赴任に役に立つテストと言えます。

英語力は働くスキルとして人生のリスクヘッジになりますので、積極的に受けていきたい所です。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告