サラリーマンのリスクヘッジ!「英語が出来ること」は人生の選択肢を増やす

こんにちは、兼業サラリーマンのMMです。

大学受験以来英語を勉強し続けて、アメリカに海外赴任をして英語を使うようになり、今まで以上に英語について考えるようになって思う事があります。

それは「英語が出来ることは人生を楽にする」ということです。

英語というものは単なるコミュニケーションツールの一つでしかありませんが、そのツールを手に入れるだけで人生の選択肢が一気に広がります。

自分の英語はまだまだ完璧ではありません。

改善する所もたくさんありますし、もっともっと新しいことを学んでいく必要があります。

それでも日本人平均で見たら英語が話せる方になると思います。

なので英語が出来ることによって教授できるメリットを少なからず得ていますし、理解しているつもりです。

そこで今回は僕自身が「英語が出来ることは人生を楽にする」と思う理由を紹介します。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

英語が出来ることで働き先が増える

一番最初はこれです。
英語が出来る事により労働市場における価値が一気に高まり、働き先の選択肢が増えます

通訳や翻訳家といった英語そのものが仕事になる場合、英語教師のように英語を教育することが仕事になる場合、企業の国際部門や海外赴任で英語をコミュニケーションツールとして業務を行う場合等多岐に渡ります。

もし同じ能力を持った人が二人いて、一人は日本語だけ話すことができ、もう一人は日本語と英語を話すことが出来る場合、採用する側とすれば勿論日本語と英語を話せる人の方を取りたいですよね。

今後更にグローバル化が進み、日本にも外国人観光客だったり外国人赴任者、労働者が増えていくことが予想されます。

そうなると英語を使用する機会もどんどん増え、英語が出来ることがより強みになっていくと思います。

更に日本国内のみならず、海外で働くという選択肢も英語出来ることによって持つことが出来ます

アメリカで働いてみたい、海外に住んでみたい、海外で自分のビジネスを展開してみたいなど。

普通の人であれば働くとなれば日本国内に限定されますが、もし英語が出来る場合、その可能性は世界に広がります。

働き先が海外にまで広がった場合、万が一今の勤務先が無くなったとしても、また次を見つけられる可能性が高くなることを意味します。

生きていくためには稼ぐ必要があり、その稼ぐ可能性を英語によって広げることが出来ます。

また次の働き先を見つけられるということは、今の勤務先が自分に合わないと分かった時に辞めやすいというメリットをもたらします

給料が安い、労働環境が良くない、働き方の柔軟性があまりない、等々。

辞めても次があるという安心感は精神的にも余裕を生み、今の仕事でもパフォーマンスの向上をもたらしてくれます。

個人的には英語はスキルにおける最大のリスクヘッジであると考えています。

日本語に無い情報を得ることが出来る

今の世の中大抵のことはインターネットで調べれば必要な情報を得る事が出来ます。

日本語のウェブページは世界的にもかなり優秀で、かなり多くの情報が蓄積されています。

ですがIT大国アメリカの母語である英語に比べるとやはりその情報量というのは劣ってしまいます。

アメリカには世界中からの頭脳、資本が集まってきていることもあり、多くの知識、新しい考え、様々な取り組みに関する情報があります。

もし英語ができれば、日本語に無い情報を得る事が出来ます

まさにこのことを実感した出来事がありました。

我が家の息子が生まれる前、第一子ということもあり、妻の妊娠期間、出産、新生児期間、乳児期間についてのあらゆる情報を調べました。

ですが妊娠期間中のこと、胎児や新生児、乳児についてはまだまだ研究が進んでおらず、解明できていないことが山ほどあります。

そのためか日本語のページだとかなり情報が錯綜していて、疑問に対する回答が殆ど個人の意見だったり、根拠が不明確だったり、自分の経験を是とする回答だったりと回答者によって違う意見が殆どでした。

例えば「妊娠期間中の運動について」を日本語で調べると、「海に入ってはいけない」「激しい運動はしてはいけない」「家で安静にしている方が良い」「お腹の子に万が一があってはいけない」といった個人の意見が多く、おそらく昔ながらのやり方が出てきます。

一方英語で「妊娠期間中の運動について」を調べると「乗馬以外はOK」と大手のウェブサイトに書かれています。

お医者さんの意見も引用され、「あれこれと妊婦に制限を掛けることはストレスになり、母体にも胎児にも良くない。基本的にはどんな運動でも乗馬以外であればOK」とありました。
*乗馬がダメな理由が見当たりませんでしたが、おそらくあの上下運動が良くないか、落馬の危険があるかですかね。

この意見を見てから妻は自由に運動をしていました。

実際アメリカの妊婦は日本の妊婦よりかなりアクティブに動いてるように思います。

このように英語が出来ることで日本語に無い情報を得る事が出来ます。

日本語でも十分な情報は得られますが、世界最先端の情報はやはり英語が先になります。

得られる情報が多いことは人生において大いに役に立ちます。

市場が広がる

とちょっと曖昧な言い方ですが、英語が出来ることで市場が日本から世界に広がります

僕は海外赴任前は日本で株式、投資信託による資産運用を行っていました。

住所が日本から海外になると同時に非居住者という扱いになり、株式、投資信託ができなくなりまますので、泣く泣く海外赴任を機に全て売却しました。

海外赴任の期間は一応5年と決められていますので、5年間資産を貯金で寝かせるのはもったいないと思い、アメリカの証券会社で口座を開設し、現在株と投資信託による資産運用を行っています。

証券会社選定から実際の口座開設、投資先選定とかなり大変でしたが、英語が使えたことでアメリカでも資産運用が出来ています

もしビジネスをやっている人であれば、英語を使うことでその市場が日本の約1億から英語話者が約30億位?と、対象が30倍になります。

単純計算で売上も30倍になる可能性があります。

英語市場に飛び込むことで市場拡大を狙う事が出来ます。

英語が出来ることによって対日本のみだったものが、対世界に広げることが出来ます。

まとめ

色々と良い事ばかりを書いてきましたが、これらのメリットを享受するためには英語の習得が必要で、それが本当に大変なんですよね。

殆どの人は英語習得のために十分な時間が取れないと思いますので、何とか効率の良い勉強方法を提案していきたいと思います。

英語は単なるツールの一つですので、使い方次第ではありますが、投資対効果がとてもあるものだと思っています。

ぜひ英語を習得して人生を楽にしていきたいですね。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告