海外駐在48ヶ月目の総資産状況(時価ベース) 2017年3月1日時点

こんにちは、MMです。

真冬の2月が終わり、これからは暖かくなり日も長くなるのでようやく外に出られます。

アメリカでは今月からサマータイム (英語では daylight saving:日照時間節約)が始まります。

今より時計が一時間早くなりますので日本との時差も一時間縮まることになりますが、変わる日だけは一時間損することになります。(朝起きて7時だと思ったら8時だった、という感じです)

それでも日が長くなりますので個人的にはうれしいものです。

それでは最新の総資産状況(時価ベース)を見ていきます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

2017年3月1日時点総資産状況

27

全体

前月比 +42万円 の総資産額 1766 万円となりました。

帰国予定である2018年初旬までの目標金額は 2,500万円としていますので、目標までは残り 734万円となりました。(今の所2,500万円は住宅購入費用です。)

対前月+42万円と大きく増えましたが、来月に来る自動車保険の支払いのために一時的に米ドル預金が増えていることと、米国株式市場の上昇が主な要因です。。

各項目を分析していきます。

日本円資産

前月比 +11万円の計 1216万円になりました。

普通預金

毎月日本の口座に振り込まれる手当が6.3万円分増えています。

ここはいつも通り変更はありません。

財形貯蓄

毎月 1,000円を積み立てているのでその分の増加となります。

株式 (持株会)

海外駐在員は日本では非居住者という扱いになり、日本の証券会社での取引を行うことが出来ません。

(参照:海外赴任者は日本での資産運用ができない!?非居住者の投資事情について)

つまり株による資産運用が出来ないことになりますが、唯一合法的に出来るのが持株会ですので、最大限利用しています。

毎月8万円の積立を行っていますが、日経平均の下落と共に株価が下がっていますので、トータルで+3万円となりました。(実質5万円のマイナスです)

米ドル資産

前月比 +31万円の計 550万円となりました。

ドル円の為替レートは前月比 0.05円の円高ですのでほぼ為替影響はありません。

普通預金

暖房代や自動車保険費、旅行費を毎月積み立てていますが、特に支払いがありませんでしたので一時的に普通預金が増えています。

株式

好調な米国株式市場に伴いプラスになりました。

毎月の家計好転分も株式にまわしていますので、それによるプラスもあります。

2017年3月1日時点資産配分状況

28

総資産に占める安全資産の合計は 68%、リスク資産の割合は 32% となっています。

 

今の所は上記のリスク資産の割合を35%以上にすることを目標としていますので、あと少しですね。

米ドル資産増に注力する

現在は日本円資産と米ドル資産に分けて管理していますが、注力しているのは米ドル資産の増加です。

日本円の方は基本的には入ってきたお金を使うことも投資することも出来ませんので(持株会除く)、努力によって改善できる余地がありません。

一方で米ドル資産は節約によって預金を増やすことが出来ますし、投資によってお金を増やすことが出来ます。

日本円資産で纏めている以上為替という外的要因に大きく左右されてしまうことがありますが、あくまで米ドルベースでの増加を気にしていきます。

まとめ

今月も何とか総資産をプラスにすることが出来ました。

毎月の総資産確認というのは毎日地道にコツコツとやっていることの効果が見れますので、節約、投資への良いモチベーションになります。

そして結果がどうであれ誰にも何かを言われることが無いのが良いですね。

あくまで我が家の家計に関することなので利害関係者が少なく、単純に増やすことに集中できます。

来月も良い結果になるように頑張っていこうと思います!

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告