20代で億万長者になるために重要な5つのこと

こんにちは、兼業サラリーマンのMMです。

日本のサラリーマンの生涯賃金は、大卒であれば 2億6千万円 と言われています。 (独立行政法人労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2015 ―労働統計加工指標集―』より)

これは60歳までフルタイムで働いての金額になりますが、これらの金額をもっと早くに達成する人もいます。

プロスポーツ選手は別格になりますが、ビジネスにおいて達成する人も一定数存在します。

アメリカの企業家向けサイト Entrepreneur に「20代で億万長者になるために重要な5つのこと」に関しての記事がありましたので、それを紹介してみようと思います。

僕は既に20代ではありませんし、短期間でそのような額を稼げる可能性はかなり低いですが、実際に達成した人の話は何か自分の人生でもヒントになるかもしれません。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

20代で億万長者になるために重要な5つのこと

伝統的な産業を無視する

医者や弁護士が高給取りの代表ですが、なるためには多くの時間と費用が必要です。

実際に学生ローンに追われている人も多く、収入もある程度いったら頭打ちです。

確かに昔から医者や弁護士や会計士、税理士といった士業は給料が高いことで知られていますが、20代で億万長者となるにはかなり厳しいです。

これらの伝統的な産業ではなく、自ら何かを生み出すことが必要になります。(=自分でビジネスを始める)

億を稼ぐことだけに焦点をあてない

お金を稼ぐことだけに焦点をあてると、達成できないことが殆どです。

自分のビジネスの手段である製品やサービスに注力することで、結果的にお金がついてきます

なので、より良いビジネスにしていくことが結果的に収入に繋がります。

確かに世の中の富豪を見ると、お金のことはすごく詳しいですが、お金持ちになりたくてなったというよりは、結果的にお金がついてきたというパターンが多いですね。

勉強をし続ける

とにかく勉強して、本を読むことが重要です。

自分が戦おうとするフィールドにおいて、知識があることは有利になる。

成功している人は世界で一番頭が良い人ではなく、勉強をして努力をし続けた人です。

そして20代で成功するためには一日8時間ではなく、15-18時間働く覚悟が必要です。

犠牲が必要

若くして億万長者になるためには、友達と遊ぶ時間や家族との時間を犠牲にしなければなりません。

自分のキャリア(ビジネス)を第一に考えなければなりません。

20代での億万長者には完璧なワークライフバランスというのは難しく、仕事に傾ける必要があります。

自分が愛着を感じる分野で勝負をする

本物の熱意や愛着は簡単に見つけられるものではありません。

どんなニッチな分野であっても、自分がそれに愛着を感じられるかは非常に重要です。

億万長者になるためには愛着のある分野で勝負をすることが、長続きしやすく、熱意をそそぎやすいことから重要になります。

プロスポーツ選手は全ての項目をクリアしている

上記はビジネスにおいて「20代で億万長者になるために重要なこと」になりますが、20代で億を稼ぐプロスポーツ選手はこれらの項目を全てクリアしています。

例えばプロ野球選手に置き換えると分かりやすいです。

伝統的な産業ではありませんし、彼らはお金目当てで野球を続けているわけではなく、活躍した結果、富を得ています。

更に常に技術向上や体力向上のために普通の人の何倍も勉強、練習を続けていますし、大成すするまでは自分の時間を犠牲にしています。

何より彼らは野球が好きでずっと続けているわけで、好きだからこそ向上心が収まることなく常に上を目指しています。

20代で億を稼ぐ人というのは、ビジネスであってもスポーツであっても本質的には同じなのかもしれません。

大成するには「好きこそものの上手なれ」

結局一番重要なのは「自分が好きなことを突き詰める」になります。

ビジネスにしろ、スポーツにしろ、芸術分野にしろ、好きなことをとことん突き詰めた人が成功し、結果として富を得ています。

「お金を稼ぐこと」が目的になってはモチベーションが途中で下がったり、向上心が途絶えたりして、結果的にお金を稼ぐことすら難しくなるかもしれません。

自分が愛着を感じる分野を見つけ、それを極めることが結果的に若くして億万長者になる近道と言えそうです。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がぴったりですね。

まとめ


20代のうちではなくとも年間で億を稼ぐというのは信じられないような話ですが、実際に達成している人はいます。

ですが、達成している人の殆どは「好きな分野」を極めている人です。

誰にでもなれる可能性というのはあるものですが、それはその分野がどのくらい好きかに掛かっていると言えそうです。

好きなことを見つけ、それをがむしゃらに極める、簡単なようですが、実際はとても難しいことですね。

だからこそできた人は富を得られるのかもしれません。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告