長時間労働とモチベーション低下に繋がる!アメリカで好まれない「マイクロマネジメント」とは?

こんにちは、MM@海外赴任中です。

アメリカで働いていると日本との違いを色々な場面で感じますが、中でも管理職のマネジメントというのは大きな違いの一つです。

個人主義のアメリカでは、従業員がそれぞれの目標に向かって成果を出し、管理職はその個々の成果をチーム全体のアウトプットとなるようにマネジメントすることが求められます。

また成果を出せばやり方は自由、という結果主義でもあるため、結果に至るプロセスも個々人に任されている所もあります。

そんなアメリカで好まれていないのが「マイクロマネジメント」という管理手法です。

実はこのマイクロマネジメントですが、働きがいの低下や長時間労働の一因にもなっていると考えています。

アメリカに来るまで「マイクロマネジメント」という言葉を知りませんでしたが、これを知り、少なくすることは日々のストレスを少なくしてくれるはずです。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

マイクロマネジメントとは

マイクロマネジメント(Mircomangement)とは、直訳すると「細かく管理をすること」です。

ウィキペディアに詳細がありますので引用してみます。

マイクロマネジメントとは、管理者である上司が部下の業務に強い監督・干渉を行うことで、一般には否定的な意味で用いられる。

マイクロマネジメントを行う管理者は、業務のあらゆる手順を監督し、意志決定の一切を部下に任せない

部下の立場から見れば、上司がマイクロマネジメントを行っていると感じられることは多いが、上司がそのことを自覚することは稀であるとされる。

マイクロマネジメントを行う管理者は、部下が相談なしに決断を行うことを、たとえそれが部下の権限の範囲内であったとしても、たいへん不快に感じる

確かに訳の通り細かい管理ですね。

ですがこれって普通の日本企業の上司と部下の関係にも思えますよね。

新入社員の時の研修で習う「報告・連絡・相談」のホウ・レン・ソウそのものです。

多くの人は行動を起こす前はホウ・レン・ソウで確認をするように習うかと思います。

ホウ・レン・ソウをしないアメリカ人

アメリカ人は日本人のような逐一のホウ・レン・ソウをしません。

するのは自分の目標を達成するための情報集めと、成果の報告です。

上司のためではなく、あくまで主体は自分です。

なぜならその立てられた目標に対する成果で給料が決まりますので、上司とのコミュニケーションでさえ、あくまで手段なのです。

一方上司側も部下には既に目標を与えていますので、そのやり方に関して基本的に入り込むことはしません。

必要なのは成果なので、そのやり方は個々人の裁量に任されています。

このような背景がアメリカ人にありますので、マイクロマネジメントをされると、自分の領域を侵食されたように感じられ、お互いの信頼関係が崩れてしまいます。

マイクロマネジメントをしてしまう背景

日本人はマイクロマネジメントをしがちと言われますが、その人のせいでも、マネジメント能力が低いわけでもなく、文化背景に大きく起因しています。

殆どの人は新人研修のことからホウ・レン・ソウを教え込まれていますし、若手の間はブラザー/シスター制度があるため、下の人が上の人に対して行っていることを常に報告する環境があります。

このような環境であれば当然、上の人からすると下の人が常に何をやっているのかを把握することが当たり前に感じますし、何をしているかが分かると管理をしているように感じます。

そのような環境に慣れていれば、海外に出た際も同様のやり方でマネジメントを行いますが、その際に「マイクロマネジメント」と言われ、部下との軋轢が生まれてしまう場合があります。

ただアメリカ人の中にもマイクロマネジメントをする人がいますので、その人の性格に拠ることも無いとは言い切れません。

良いと思ってやっていることが受け入れられないというのはお互い不幸になってしまいます。

長時間労働/モチベーションの低下に繋がる

マイクロマネジメントは、必要以上のホウ・レン・ソウを伴います。

一人で判断して行動するよりも、2倍から3倍時間が掛かってしまいます。

また業務のやり方というのは人それぞれですが、やり方まで管理されるとただの作業になってしまい、業務へのモチベーションが一気に低下します。

全て指示されるということは自分の考えも工夫も出来ないということですので、中々つらいですよね。

当たり前に感じるホウ・レン・ソウですが、実はこれが長時間労働や働きがいの低下に繋がっているのではないかと考えています。

自分の経験から思うこと

日本とアメリカで丁度4年ずつ働きましたが、当時はあまり意識していませんでしたが、日本の時はマイクロマネジメントが結構あったように思います。

それ以外の選択肢が無かったのと、若手であったので疑問にも思いませんでしたが、常にホウ・レン・ソウをしていたので通常よりも時間が掛かっていたように思います。

言われた方もそれに対して何かコメントをしなければいけないので、そこで必要以上のコミュニケーションが発生してしまいます。

逆にアメリカに来てからは、ホウ・レン・ソウは必要ないし、業務には裁量権がかなりあるので、業務へのやる気も上がりましたし、効率もかなり上げることが出来ました

特に何かミスをしても自分で挽回をしておけば、誰にも何も言われないというのは精神的にはかなり楽になりました。

アメリカ人上司でも日本人上司でもアメリカが長いとマイクロマネジメントをしないので、業務は多いのですが、精神的はむしろゆとりを感じます。

個人的にはマイクロマネジメントが無くなると仕事のストレスは格段に減ると考えています。

但しマイクロマネジメントをしない裏には成果を出せなければ解雇、というのがあることは忘れてはいけません。

ただ働く立場からすると出来れば雇用が守られつつ、働きやすい環境があるのが理想ですね。

まとめ

マイクロマネジメントというのはしている側もされている側も両方つらい立場です。

確かに事細かに色々とチェックされるとちょっと息苦しく感じてしまいますね。

ある程度の緩さがあった方がやる気も効率も上がります。

マイクロマネジメントが無くなれば長時間労働も働きがいの問題も少しは改善されるかもしれませんね。。

精神的なゆとりもありつつ、企業としてもプラスになる、そんな好循環な働き方が出来るようになれば良いですね。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告