ほったらかし投資最大の利点は「時間を使えること」

こんにちは、ほったらかし投資家のMMです。

現在の投資スタイルは、インデックスファンドの積み立てとバリュー株(割安株)です。

インデックスファンドは毎月定額を積み立てており、バリュー株投資は資金が貯まる2〜3ヶ月に1度のペースで行っています。

どちらの場合でも長期投資を前提としていますので、短期での損益は気にせず、気長に待ついわゆるほったらかし投資を行っています。

このほったらかし投資、長期視点で見た場合に利益を得られるというメリットの他に「時間」というメリットも得ることが出来ます。

その「時間」のメリットに関して、自分が感じていることを述べて行こうと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

ほったらかし投資最大の利点は「自分の時間を奪われない」

ほったらかし投資では、一度購入先を決めると、あとは積み立てるだけもしくは価値が上がるのを待つだけになります。

時価を頻繁にチェックすることもありませんし、関連ニュースも細かくチェックしているわけではありません。

短期で売買を行う場合は細かく投資先の状況を確認したり、売り時のタイミングを図る必要があります。

ですが、ほったらかし投資では「長期的には利益が出る」という前提がありますので、そこに時間を費やす必要はありません。

ほったらかし投資最大の利点は「自分の時間が奪われない」ことという事が出来ます。

投資における時間対効果の重要さ

僕にとって投資とはお金を増やす手段であり、お金が必要な理由も幸せな人生を送るためです。

もし頻繁な株価チェックやデイトレードやスキャルピングをやってしまうと、その分費やす時間が増えます。

そしていくら取引のための時間を増やしたとしても、今後確実に資産が増えるという確証はありません。

インデックスファンドやバリュー投資でも100%利益を出せるという保証があるわけではありませんが、利幅は小さいですが利益を出せる可能性が高いこと、何より例え利益を出せなくても圧倒的に費やす時間は少なく済みます

労働においては少ない時間で大きな成果を出す生産労働性が重視されますが、投資においてもその時間対効果は重要であると考えています。

時間はあらゆる投資に使える万能のリソース


ほったらかし投資は時間を使うことが出来ます。

その時間を使って不動産投資など別の金融投資を検討することも出来ますし、更なる収入源を確保するために副業のための時間に充てることもできます。

もし頻繁な株価チェックをしなければいけない投資法であれば、このような行動を起こす時間も取られてしまいます。

時間というのは株式投資だけでなく、他の金融投資や自己投資など、あらゆる投資に使える万能なリソースです

株式投資等を行う際には、掛けてる時間分の見返りがあるのか、他のことに時間を費やしたほうが良いのでは、という観点を持つことが大事ですね。

まとめ


投資とか資産運用においては実際の金額パフォーマンスに加えて、費やす時間というのも非常に大事だと思います。

特にサラリーマンをやっていると仕事以外の時間が中々取れないのが現状です。

少ない時間を効率的且つ最大限に活用していく必要がありますが、投資においてはほったらかし投資が大いに役立ってくれていると、実践している立場からすると感じます。

実際僕も投資に掛ける時間というのは少なく、空いた時間は投資以外の副業に関することや将来の関すること、家族との時間に割いています。

趣味でやっている場合は別ですが、資産運用として株式投資をする場合は、その”時間”も重視してみるのも良いかもしれません。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告