米国の若い世代で広まる経済的自由+早期リタイアを目指す動き「F.I.R.E」とは

こんにちは、兼業投資家のMMです。

最近アメリカのパーソナルファイナンスブログや投資家のブログ、記事を読んでいると F.I.R.E という言葉をよく目にします。

F.I.R.E とは「経済的に独立をし、早期リタイアをする」という意味になり、米国の若い世代に少しずつ浸透している動きになります。

日本では馴染みのない言葉ですが、今回はその F.I.R.Eという動きについて紹介しようと思います。

参照は投資サイトの The College Investor です。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

F.I.R.E とは

F.I.R.Eとは Financial Independence Retirement Early の略で、「経済的自由、早期リタイア」という意味になります。

米国では1964年~1979年生まれをジェネレーションXと呼びますが、この世代では右肩上がりの経済環境を反映しハードワークをして、お金もしっかり使うことが良しとされていました。

ですが、1980年生まれ以降のいわゆるミレニアル世代は、仕事だけでなくプライベートを重視したワークライフバランスの考えを強くもち、多様な働き方や生き方を求めるようになりました。

その考えが、経済的自由を得て早期リタイアをする、自分のやりたいことをやる F.I.R.Eという動きに繋がっています。

アメリカ早期リタイア界の有名ブロガーであるマネーマスタッシュ(Mr. Money Mustache)に支持されていることで広がりを見せています。

F.I.R.E 達成の2種類のタイプ

経済的自由、早期リタイアを達成するための決まった方法というのはありません。

経済的自由を得るためには総資産を増やす必要がありますが、増やし方の方法として節約重視収入増重視の2つのアプローチがあります。

F.I.R.Eを達成するための行動タイプは大きくこの2つに分かれます。

スリム型FIRE(節約重視)

徹底的に支出を削減し、現在の給料での貯蓄率を最大化する方法がスリム型FIRE(Lean FIRE)となります。

家計簿の記録、支出管理、必要なものだけを買うといった節約を重視し、毎月の支出額を抑えることで資産を増やしていき、収入増に関してはそこまでこだわりません。

このスリム型はなるべくモノを持たないミニマリストに通じるものがあります。

ファット型FIRE(収入増重視)

一方、節約やミニマリスト的な行動は重視せず、投資更なる収入増を目指すやり方が ファット型FIRE(Fat FIRE)になります。

エネルギーをいかにお金を増やせるか、高い報酬を得られるかに注ぎ、資産増を目指します。

副業を行うことも手段の一つです。

リタイア後の支出管理は「4%ルール」

FIREムーブメントでリタイアを達成したあとは、貯めたお金を効率よく使っていく必要があります。

そのお金の使い方は「4%ルール」と呼ばれるもので、持っている総資産の4%を毎年引き出して使う、というものです。

例えばリタイア時に 3,000万円 持っていたとすると、毎年使えるお金は 3,000万円×4% = 120 万円 になります。

毎年4%引き出しだと25年間は資産が残ることになりますが、総資産の4%だけ引き出せるということで生活していくためには元手をしっかり貯めなければなりません。

またこの4%ルールでは適切な投資を行っていけば4%引き出しても総資産をへらさず、むしろ増やすことも出来ます。

米国早期リタイア界の常識「4%ルール」
こんにちは、サラリーマンのMMです。 サラリーマンとして日々労働をして給料を貰う一方、日々の生活では節約をし、...

実現可能性が高いのはスリム型FIRE

FIRE達成のためにどのやり方が正しいとは一概には言えませんが、実現可能性が高いのはスリム型FIRE(節約重視)の方になります。

不必要な支出を削減し、健全な家計状況にすることはリタイア後の支出管理を楽にしてくれますし、早期リタイアには必須の項目といえます。

収益増を狙うことも問題はありませんが、外部環境に大きく左右されるため、上手くはまれば良いですが、環境によっては運悪く収益増が達成できないことも考えられます。

実際は節約重視をベースにして、収益増も狙うパターンが多いので、まずは支出管理が基礎になると言えますね。

アメリカのF.I.R.Eブロガー

アメリカには早期リタイアを達成した人がブログを書いていますので、そんな FIREブロガーを紹介します。

全て英語になってしまいますが、基本的にはお金に関することを書いていて、とてもためになります。

Mr. Money Mustache (ミスターマネーマスタッシュ)

米国早期リタイア界の大御所とも言えるのが Mr. Money Mustache です。

カナダ出身の元ソフトウェアエンジニアで、何と30歳でリタイアをしています。

徹底した支出管理と節約、インデックスファンドへの投資で富を築き、そのままリタイア生活へと入っています。

家計管理、投資、税金、早期リタイアなどを取り扱い、米国FIREムーブメントの第一人者とも言えるブログです。

Retire By 40 (リタイアバイ40)

元インテルのエンジニアで、出世競争などのラットレースから抜け出した著者が運営しているのが Retire By 40 です。

30代後半でリタイアし、主夫 (Stay Home Dad)になっています。

現在はブログ収入だけで家計を賄えるようになっており、また不動産投資でも収入を確保しています。

とても良い生き方だなと思います。

Financial Samurai (ファイナンシャルサムライ)

ウォールストリートでのキャリアを持ち、30代後半でリタイアしているのが Financial Samurai です。

金融業務の経験からか投資関連の話題が多く、アメリカの個人投資家の投資先が知れて中々面白いです。

彼もまたF.I.R.Eムーブメントを担っている一人です。

いつかは F.I.R.Eを

いつまでにリタイアすれば Early かと言う定義はありせんが、経済的自由は手に入れたいですね。

その第一歩としてこのような動きがあることを知るのはとても有益だと思います。

いつかは F.I.R.Eを達成できるよう、行動あるのみです!

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告