英語の目的はコミュニケーションを取ること!英語は「意思伝達」の手段であることを理解する

こんにちは、MM@海外赴任中です。

文系出身のサラリーマンの自分にとって英語は数少ない自分の武器 = ハードスキルです。

この武器をもっと強みにして、他の会社でも働けるようになったり、英語によって選択肢の幅を広げたりしようと考えています。

いわば人生のリスクヘッジです。

ですので、赴任から4年が過ぎても英語の勉強は続けています。

周りが英語の環境で英語の勉強を続けていると、日本に居た時には見えなかったものが色々と見えてきます。

その内の一つが「英語はコミュニケーションの手段の一つに過ぎない」ということです。

この気づきで英語によるコミュニケーションがかなり楽になりました。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

英語の本来の目的は「意思の疎通を図ること」

「英語が話せるようになりたい」「ネイティブ並みにペラペラになりたい」というの殆どの英語学習者が思うことではないでしょうか?

海外赴任者も仕事を上手くまわすために英語力の向上を目指している人が多いですね。

でもよく考えてみると英語を話すことの目的というのは「意志の疎通を図ること」です。

いくら上手な英語を話したとしても、もし相手に伝わっていなかったとすれば、それは本来の目的である「意思の疎通」ができておらず、単なる音声です。

例えば英語のプレゼンで必死に英語を暗記してその通りに言えたとしても、相手に伝わっていなければ英語の本来の役割が果たせていません。

逆に言うと、意志の疎通さえ出来れば、その手段は英語でなくても良い、ということになります。

英語学習を始めた時や海外赴任直後というのは英語に必要以上に固執してしまい、本来の目的である「意思の疎通」という所がおろそかになる傾向があります。

自分もとにかく英語を話すことに必死になり過ぎて、アメリカでの意思疎通は英語のみ!という考えで、他の手段を使おうという選択肢が頭に浮かんできませんでした。


コミュニケーション手段は言葉だけではない

意思の疎通というのは言葉だけではありません

文字を使ってもいいですし、図を使ってもいいですし、ボディランゲージでも良いのです。

またスポーツや音楽等を通してもコミュニケーションを取る事が出来ます。

目的は意思の疎通ですので、そのための手段というのはこのように多くあり、言葉だけに執着する必要はありません。

これは日本語でも同じで、複雑なことを伝えたい時は言葉だけではなく、絵を使ったり動きで表した方が伝わりやすいことがあります。

もちろん言葉によるコミュニケーションが一番スムーズで、多く使われていることは間違いありませんので、言葉だけで意思の疎通が図れることは理想です。

知識があるがゆえに「英語」に固執していまう

個人的には日本人の英語知識は世界でも高い方だと思っています。

教育水準が高いため当然のことかもしれませんが、我々が思う以上に外国人もそこまで英語が得意ではありません。

逆に英語知識があるがゆえに「英語」に固執してしまい、コミュニケーション本来の目的が見失われやすいこともあります。

英語より、全く知識が無いスペイン語や中国語、ロシア語を話そうとする方がコミュニケーションを取ろうとする傾向があるというのはよく聞く話です。

知識があるがゆえに逆に動けなくなったり、本来の目的を見失ってしまうのは投資の世界でも同じかもしれません。

英語を話すでは無くコミュニケーションを取る



赴任してから1年後位に英語の目的はコミュニケーションを取ることであると気づき、それからは英語を話すことが楽になりました。

別に言葉にこだわらず、伝わりさえすれば色んな手段を使っても良い、ということが英語のハードルをぐっと下げ、それにより英語での細かな間違いは良い意味で気にならなくなり、英語がどんどん出てくるようになりました。

「英語を話す」ではなく「意思の疎通を図る」というコミュニケーションの本来の意味に立ち返ることによって、英語環境でのコミュニケーションが楽になります。

言葉を発するということは何かしら伝えたいことがあるはずです。

伝えたいことは何か、どうすれば伝わるか、ということを考えることが引いては英語によるコミュニケーションを上達させてくれると考えています。

これは英語だけでなく、日本語でも言えますね。

まとめ

英語はコミュニケーションの一つに過ぎません。

英語の本来の目的である「意思の伝達」を意識していると自然に英語が出るようになります。

英語が出来るようになると人生のリスクヘッジになりますので、ぜひ多くの人が英語を話せるようになって欲しいと思います。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告