「ヴェブレン効果」「バンドワゴン効果」「スノッブ効果」 節約に活かせるマーケティング知識を紹介します

こんにちは、節約家のMMです。

世の中には魅力的な製品があり、物欲や所有欲というのは中々抑えるのが難しいですね。

普段身に付ける服飾関係から、電化製品、車など、資本主義社会の中では熾烈な競争が繰り広げられることによって、より良い製品が生き残ることになり、消費者にとっては良い時代だと思います。

そんな激化する競争を勝ち抜いた製品だけが残っているので、色んな物が欲しくなるのは当然のことに思えます。

ですが、その物欲というのは本当に自分が「欲しい!」と思っているものでしょうか?

確かに製品自体は質の良いものや機能が良いものが多くなってきていますが、売り手としてはあらゆるマーケティング手法を使って消費者の物欲を引き起こす努力をしています。

もちろんそれ自体は経済を活性化することにも繋がるので良い事ですが、外部要因で何かを買うのではなく、自分が本当に必要なものだけを買うことは節約にも繋がります。

賢い消費者になるためには、売り手側の行っているマーケティング手法を知ることです。

その消費者の物欲を駆り立てる手法に関しては、アメリカの理論経済学者 ハーヴェイ・ライベンシュタインが論文の中で「ヴェブレン効果」「バンドワゴン効果」「スノッブ効果」として発表しています。

製品が持つ機能や品質以外に生まれる価値が消費の外部性と言いますが、これら3つは代表的な消費の外部性になります。

これらを知ることは賢い消費者になり、節約に大いに活かせますので紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

ヴェブレン効果 (高級、ブランド)

ヴェブレン効果とは、「顕示的消費」とか「見せびらかしの消費」とも呼ばれることがありますが、商品やサービスの価格が高ければ高いほど消費者の顕示欲が満たされ、需要が高まることを指します。

アメリカの経済学者ヴェブレンが著書「有閑階級の理論」の中でこの事象に言及したことからそう呼ばれています。

身近な所ではブランド品がありますね。

同じ質の財布でも、ノーブランドでは3,000円、ブランド品だと50,000円だった場合、ブランド品の50,000円は普通の人には中々手が出せない値段のものを持っている優越感に浸ることが出来ます。

車なんかでも同じような効果がありますし、普通の人が中々知識を得る機会が少ない宝石なんかも値段による価値の高まりがあります。

ヴェブレン効果が期待できる製品に関しては企業側は値段を下げず、むしろ値段を上げてより一層の効果を出すことを狙う場合もあります。

バンドワゴン効果 (流行)

バンドワゴン効果とは、製品やサービスが人気になればなるほど、その製品やサービスを利用する顧客が得る満足感、安心感が増加することを指します。

流行っているモノ、皆が持っているモノを欲しくなる心理と言うこともできます。

バンドワゴンには、「時流に乗る」「大勢に加担する」といった意味があり、流行に乗ることになります。

このバンドワゴン効果の背景としては個人より集団の判断が正しいという概念が一般的にあることが挙げられます。

売り手としては、「今人気の」や「必須」といったフレーズを使ってバンドワゴン効果を狙います。

スノッブ効果 (希少性)

皆が持っているものが欲しくなるのがバンドワゴン効果でしたが、それとは逆に皆が持っていないから欲しくなるのがスノッブ効果になります。

スノッブは英語で「えせインテリ」「通ぶる人」という意味がありますが、一般大衆が持ってないモノを持っているという優越感がこのスノッブ効果に繋がっていると言えます。

売り手としては「限定」や「世界に10個」といったフレーズで希少性を高めて、スノッブ効果を狙います。

またバンドワゴンとの組み合わせで「大人気商品で売り切れ中のモノが10個限定で販売」といったフレーズを使うことで両方の効果を狙うことも出来ます。

物欲は自分のものかマーケティング戦略によるものか

消費の外部性について見てきましたが、何かを欲しいと思った時に、それが消費の外部性によるものであれば多分それは節約できるモノと考えられそうです。

世の中には色々な情報が溢れていていて、物欲も刺激されますが、本当に必要なモノは限られています。

情報を遮断しても必要なものが本当に必要なものなので、出来れば周りの目を気にするのではなく、自分の判断でモノを買っていきたいですね。

そうすることで必然的に節約ができそうです。

株式の過熱はバンドワゴン効果?

株にはマーケティング戦略というものはありませんが、株の過熱感はバンドワゴン効果と言えそうです。

一度画期的な製品やサービスを発表したり、予想を上回る収益が発表されると、その企業の株は買われ、株価もどんどん上がります。

そして株価上昇のニュースを見た他の投資家が「流行っているモノ、皆が持っているモノ」を欲しくなって株を購入し、株価が釣りあがるというのはまさにバンドワゴン効果そのものですね。

ですが、株式の場合はこの行動がいわゆる高値掴みになり、損をしてしまう可能性が高いです。

個別株の投資家にとってもこのバンドワゴン効果を知ることはプラスになりますね。

自分自身は賢い消費者?

僕自身の消費行動を振り返ってみると、ヴェブレン効果もバンドワゴン効果も受けていないと思っています。

なるべく良いものを安く買いたいと常日頃から心掛けていますし、若干あまのじゃくの性格もありますので世間の流行には乗らないようにしています。

ですが、あまのじゃくの性格のせいかスノッブ効果はかなり受けているように思います。

人と同じをあまり好まないので、あえて人と違うものを買うことが多いです。

例えば洋服の場合、Tsumori Chisato や CABANE DE ZUCCA といったブランドを好んでいますが、人と全く被らないことが大きく関係しています。

頻繁には買いませんが、これらの服は一着が高いので実はヴェブレン効果も受けているかもしれません。

ですが、実際に欲しいと思って買っていますし、また一回買ったものは長年着ていますし、実際質も良いので長期的に見ると損をしていなく、むしろ頻繁に買い換えるより得をしていると思っています。

確かにもっと安くて質の良いものの方がコストパフォーマンスも良いですが、自分が欲しいものを買うことも楽しく生きるには重要だと思います。

重要なのは、周りに流されてモノを買うのではなく、自分が欲しいものを買う、です。

まとめ

モノの機能や品質以外で生まれる価値を消費の外部性といい、ヴェブレン効果(ブランド、高級感)、バンドワゴン効果(流行)、スノッブ効果(希少性)の3つがあります。

賢い消費者となるためには、売り手側がこのようなマーケティング戦略を行っていることを知り、本当に自分が欲しいものを買うことです。

お金は有限ですので、できるだけ無意識の消費を避け、自分が本当に使いたい所に使いたいですね。

そうすれば日々の生活の満足感もあがりますし、お金もいつの間にか貯まっているかもしれません。

マーケティングの知識というのは売り手だけではなく、消費者にも有用ですのでぜひ学んでいきたいですね。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告