CPA(米国公認会計士)よりコスパが良い!CMA(米国公認管理会計士)ってどんな資格?

こんにちは、兼業サラリーマンのMMです。

僕はいわゆる大卒文系に属していますが、大卒文系で専門知識や資格というと、弁護士だったり会計士だったり、税理士といった難関なものがパッと出てきます。

もちろんこれらの資格があれば、自分の持つ能力を客観的に示せますので何も持っていない人よりは遥かに転職がしやすくなりますが、簡単に取れる資格ではありません。

そうなると大卒文系では自分の能力を客観的に示すことがかなり難しいと思いますが、転職大国アメリカでは日本の何倍も資格があり、その中では日本でも通用しそうなものがいくつもあります。

今回は僕自身も勉強をしている CMA(Certified Management Accountant = 米国公認管理会計士) という資格を紹介します。

日本では知名度はまだまだありませんが、この知識を使った仕事は全ての企業にあるので重宝されるはずです。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

CMA(米国公認管理会計士)とは

CMA(Certified Management Accountant = 米国公認管理会計士) とは、高度な管理会計能力を持っている証明になる資格で、財務計画や財務分析、予算実績管理、意思決定が専門分野になります。

経営分野に関わることから「ミニMBA」と呼ばれています。

アメリカの会計資格と言えば、CPA (Certified Public Accountant = 米国公認会計士) が有名ですが、こちらは財務会計能力を持っている証明になります。

日本でも「公認会計士」といった場合はCPAと同じく財務会計能力を表します。

財務会計と管理会計

企業が日々行っている経営活動を売上や利益といった形で数値化して情報開示することを企業会計といいます。

企業会計の中には 財務会計管理会計 の2つがあります。

財務会計とは

財務会計とは、会社の経営状態を株主や外部の利害関係者(ステークホルダー)向けに報告することを目的とした会計になります。

*利害関係者=株主、銀行等の債権者、取引先(サプライヤー、下請け等)

企業がIRページ等で公表している財務諸表は財務会計の良い例ですね。

外部向け報告のため、企業はその国のルール(会計基準)に基づいてデータをまとめることが求められています。

会社内の経理部門や会計士などは、この財務会計に関わっており、また財務会計の知識を持っていると言う事が出来ます。

財務会計は過去の経営結果を表すとも言われています。

管理会計とは

財務会計は外部向け報告を目的としていますが、管理会計は経営管理者や部門管理者等の社内向け報告を目的としています。

経営判断や業績評価をするための情報開示を目的とも言えます。

財務会計と違って外部公表を目的としませんので、明確なルールはなく、各社によってやり方は違います。

ただ中期計画、予算作成、事業別P/L管理、コスト削減提案、販売促進提案等の作成と実績管理等はどの企業でも共通している重要項目と言えます。

管理会計を担当している部門は経理部門ではなく、実際の事業責任を行っている事業部であることが多いです。

財務会計は日本では体系だった学問として確立されているため、専門知識を持った人がその責任を担っていますが、管理会計においては専門知識を持っている人は少なく、入社後のキャリアの中で知識を身につけるパターンが一般的です。

一方アメリカでは管理会計は専門分野として確立されているため、知識を持っている人がその職につきます。

売上をどう伸ばしていくか、利益をどう上げていくかの経営判断のために必要であることから未来のための会計と言われることもあります。

企業の核となる管理会計

財務会計はルールに基づいて外部向けに報告しなければいけないため、これを怠ることは出来ません。

ですのでほぼ全ての企業が経理部門を置いていますし、上場企業であれば会計士の監査を受けています。

ですが、管理会計は必須ではないので、専門組織を置かなくても良いですし、他の部門が兼任でやっても良いのです。

管理会計の目的は、売上を伸ばし利益を伸ばすための戦略を立て、実行・実績を管理することです。

アメリカでは管理会計部門を置き、売上増・利益増への行動を速めています。

昨今の世界的な経営スピードの速さを見ていると、今後日本でも管理会計への重要性が高まり、管理会計士の需要が高まっていき、転職にも強くなると考えています。

CMA vs CPA 比較 (勉強時間/コスト/平均給料)

米国管理会計士(CMA) と 米国公認会計士(CPA) を比較してみます。

アメリカのサイトから情報を拾ってきました。

項目 CMA CPA
勉強時間 200時間 300~400時間
試験費用 約10万円 約10万円
平均年収 1,220万円 1,265万円
受験資格 学士 学士+会計単位
合格率 35% 46%
就職先 一般企業 監査法人

勉強時間、平均年収、受験資格を見ると CMAの方がコスパが良いですね。

年収は大きく変わらないのに、勉強時間は約半分、何より受験資格がCPAは大学で会計単位の取得が必要なのに対して、CMAは大学卒業だけで良いのがいいです。

年収が変わらないということは、どちらも同じ位の需要があるですね。

あくまでアメリカのデータですが、CMAはオトクな資格と言えます。

日本での勉強・受験

CMAは最近日本でも受験が出来るようで、資格のTACがコースも開設しているようです。

英語と会計能力の証明になりますので、転職の際にも強みになりますね。

日本管理会計教育協会も試験もやっているみたいです。

管理会計資格がもっと一般的になって転職の武器になって欲しいなと思います。

まとめ

企業の核となる管理会計、その能力を示すCMAはアメリカにおいてはコスパが良い資格です。

自分自身も学んでいる所ですので、今後役に立つ情報を引き続き提供できればと思います。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告