アメリカ在住者におすすめの米国証券会社まとめ

こんにちは、兼業投資家のMMです。

アメリカ赴任後も現地の米国証券会社に口座を開き、資産運用を行っています。

海外赴任中に現地で投資を行うのは中々珍しいケースだと思いますが、一番苦労したことは証券会社の調べ方が分からないことです。

どの証券会社が良いか、どうやって調べれば良いかの知識がなく、口座開設まで3ヶ月程の時間が掛かってしまいました。

当時は「おすすめの米国証券会社情報が日本語であれば良いな」と思っていましたので、知識のついた今その情報をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

優良アメリカ証券会社まとめ

日本に馴染みのない会社だと本当に安全かどうかが不安になりますので、まず優良と言われているオンライン証券会社を紹介します。

個人的に絶大な信頼をおいているパーソナルファイナンスサイトの Nerdwallet を参照します。

証券会社 株式購入手数料 最低口座 維持金額 Fortune #
TD Ameritrade TDアメリトレード $6.95 $0 674
Charles schwab チャールズシュワブ $4.95 $1,000 357
E trade イートレード $6.95* $500 1,000
OptionXpress オプションエクスプレス $4.95 $0 357
Merrill Edge メリルエッジ $6.95 $0 26
Fidelity フィデリティ $4.95 $2,500 293
Ally Investment アライインベストメント $4.95* $0 286
Interactive Brokers インタラクティブブローカーズ $0.005* $10,000 1,166

*E Trade/Ally Investment の売買手数料は取引額に応じて割引有
*Interactive Brokersの手数料は最小$1/最大取引金額の0.5%

アメリカの個人投資家にとっての最大関心事は株式の購入手数料、次に最低口座維持金額になります。

購入手数料は低ければ低いほど投資家にとっては望ましいもので、上記の証券会社はほぼ $4.95もしくは$6.95でフラットレート(株式数に関わらず一定)となっています。(Interactive Brokersは別)

また証券会社にはよっては口座に入れておくべき最低金額が設けられていて、もちろんこの制限が無い方が投資家のハードルは下がります。

上記の証券会社のいずれも殆どの人に馴染みがないと思いますので、企業の売上規模の参考になる Fortune ランキングも追加しています。このランキングが低い程売上規模も大きくなりますので、ある種信頼に繋がると思います。

* OptionXpressはChales Schwab傘下、Merrill Edgeは Bank of America 傘下ですので、それぞれ親会社のランキングを示しています。

各社の特徴まとめ

優良オンライン証券会社各社の強み、弱み、口座開設ボーナスをまとめてみます。

証券会社レビューサイトの Brokerage Reviewを参考にしてみます。

TD Ameritrade (TDアメリトレード)

強み…サイトの利便性、24時間のカスタマーサービス、初期口座入金無し、店舗が多い、安全なプラットフォーム、優秀なリサーチ機能(S&P、Moodyzを含む12社分)

弱み…購入手数料

ボーナス…$25,000入金で$100 / 最大$250,000入金で$600

Charles schwab (チャールズシュワブ)

強み…サイトの利便性、24時間のカスタマーサービス、手数料、安全なプラットフォーム、優秀なリサーチ機能、モバイルアプリの利便性

弱み…初期口座入金

ボーナス…$25,000入金で$100 / 最大$250,000入金で$600

E trade (イートレード)

強み…安全なプラットフォーム、優秀なリサーチ機能、投資アドバイス(電話、対面)

弱み…購入手数料

ボーナス…$10,000入金で60日間手数料無料

OptionXpress (オプションエクスプレス)

強み…手数料、初期口座入金無し、投資トレーニングツール

弱み…Charles schwabで代替可

ボーナス…$5,000入金で取引50回分手数料無料

Merrill Edge (メリルエッジ)

強み…配当自動再投資可、初期口座入金無し、24時間のカスタマーサービス、バンクオブアメリカの支店/ATMが利用可能

弱み…手数料

ボーナス…$口座入金額に応じて$100~$600

Fidelity (フィデリティ)

強み…手数料、24時間のカスタマーサービス、アプリがApple watchに対応、安全なプラットフォーム

弱み…初期口座入金額

ボーナス…$50,000入金で取引300回分手数料無料

Ally Investment (アライインベストメント)

強み…手数料、初期口座入金無し、カスタマーサービス、配当自動再投資可

弱み…初期口座入金額

ボーナス…$50,000入金で取引300回分手数料無料

Interactive Brokers (インタラクティブブローカーズ)

強み…手数料、世界中の株式取引が可能、強固なプラットフォーム

弱み…初期口座入金金額、口座維持金額有り

ボーナス…25歳以下は口座維持金額 $3,000

個人的おすすめは Charles Schwab

競争が激しい米国オンライン証券業界ですので、上記に挙げた各社はいずれもサービス強化を図っており、大きな差があるわけではありません。

Nerdwallet では Best Online Broker (最も良い証券会社)としては、総合力を評価してTD AmeritradeCharles schwab を挙げています。

個人的には現在自分でも使用している Charles schwab をおススメしたいです。

Charles Schwanは米国初のオンライン証券としてその歴史と信頼があり、普段使用していても、取引の安定性や入出金のスムーズさなどとても使い勝手が良いです。

あらゆる履歴データも瞬時に取得できますし、分析ツールも詳細まで確認できるので、初心者であっても簡単に使いこなすことが出来ます。

また上記では挙げられていませんが、ノーロード(購入手数料無料)の投資信託、同じくノーロードのETFの扱いの多さも業界随一で、インデックス投資をしているをしている人にも適しています。

僕と同じように投資のコアは投資信託もしくはETFによるインデックス投資、サテライトとして個別株としている人には最適だと考えています。

ただ個別株中心で取扱い金額が多い方には Interactive Brokers (インタラクティブブローカーズ)がおススメです。

口座開設のための初期入金額がかなり大きくハードルが高めですが、アクティブ投資家向けとして評価されている通り、手数料が圧倒的に安いためです。

まとめ

いずれの証券会社も高い評価を受けていますので、どこで口座を開いても問題ありません。

ですが、選択肢が多すぎると迷ってしまいますので、それであれば Charles Schwab をおススメします。

自分がアメリカの証券会社の口座を開く時に「こういう情報が日本語であったら良いな」と思ったことを記事にしてみました。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告