大富豪から学ぶ富を築くための5つのレッスン

こんにちは、MMです。

経済雑誌を出版している Forbes に面白い記事がありましたので紹介してみようと思います。

内容は「大富豪から学ぶ富を築くための5つのレッスン」です。(原題 The 6 Most Important Wealth-Building Lessons From Multi-Millionaires )

*原題は6つのとなっていますが、僕の方で5つにまとめました。

この記事は現在米国で3億円以上を持っている684人にアンケートを取った結果ですが、アメリカでは大富豪は殆どが相続という固定観念がありますが、実際は16%が相続、それ以外は自分の労働もしくは投資によって得ています。

また彼らの内77%は中流もしくは下流出身ということで、彼らがどのように富を築き上げたのかを調査した記事になります。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

お手本になる両親の存在

両親が規律をしっかり守る一方、子供たちの能力を伸ばすこと、興味あることを追求するよう激励をしてくれていたケースが多いです。

また両親が家庭内でしっかり存在感をもっていました。

これらの背景があって、学業成就、経済的規律、労働参加ができるようになり、富を築くことに繋ったデータがあります。

貯金を早くから行い、残りの時間を認識する

平均して14歳頃から貯金を始め、15歳頃からお金を稼ぐことを開始し(小遣とは別)、25歳ころから投資をしています。

「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏も同様のエピソードを持っていますね。

常に将来を見据える

調査対象の8割以上が現在のニーズより、将来の目標を優先しています

あくまで長期期間での計画に基づき行動をしています。

平均的な投資手法を取る

調査対象の8割以上が、いわゆるバイアンドホールドの長期投資により多くの利益を上げています。

多くの利益を上げるよりもリスクを下げることに重きを置いています。

税金のエキスパートになる

調査対象の6割以上が、投資での利益を求めるより税金での支払いを少なくする方が重要としています。

そのために税金についての勉強は必須となっています。

まとめ

とこんな感じでした。

やっぱり富を気づき上げている人は、節約長期投資リスクを減らすという3点が共通項としてありそうですね。

同様の記事をいくつか読んだことがあるのですが、やっぱり共通点は同じです。

簡単そうに思えますが、これらには耐え忍ぶという共通点もありますので、殆どの人にとって耐え忍ぶことを継続することは難しいということでもあると思います。

ルールをしっかり決め、そのルールを信じてひたすら実行する。

それが富を築くコツと言えるかもしれませんね。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告