米国早期リタイア界の常識「4%ルール」

こんにちは、サラリーマンのMMです。

サラリーマンとして日々労働をして給料を貰う一方、日々の生活では節約をし、貯めたお金を投資に回して少しでも資産を積み重ねようと努力をしています。

その目的の一つは経済的自由を得るためでもあります。

いつかはお金による呪縛から解放されて自由に暮らしてみたい(というよりサラリーマン生活からの脱却?)と思うのですが、すぐには実現しなそうです。

経済的自由とか早期リタイアの考えは日本ではまだ少数派かと思いますが、アメリカではそのような目標を達成しようとしている人が日本より明らかに多く、度々ニュースサイトの記事になったりしています。

そのような経済的自由、早期リタイアが市民権を得ているアメリカでは、達成するための考えや知恵が多くあります。

今回はその知恵の中から、米国リタイア界の常識である「4%ルール (4% rule)」という考え方を紹介しようと思います。

これらはあくまで目安であったり、参考程度 (rule of thumb) に紹介されているので、詳細な手法というものはないのですが、それでも知ることはプラスになると思います。

* rule of thumb = 親指で測れる、簡単な目安

参考記事はバーソナルファイナンスを扱う the balance からです。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

4%ルール (4% rule)とは

4%ルールとは簡単に言うと、リタイア時に持っている金額の4%分を毎年使うという資金使用計画になります。

例えばリタイア時に 3,000万円 持っていたとすると、毎年使えるお金は 3,000万円×4% = 120 万円 になります。

ざっくりしたイメージは↓のようになります。

年数 資金(年初) 引出額 資金(年末)
1 30,000,000 1,200,000 28,800,000
2 28,800,000 1,200,000 27,600,000
3 27,600,000 1,200,000 26,400,000
4 26,400,000 1,200,000 25,200,000
5 25,200,000 1,200,000 24,000,000
6 24,000,000 1,200,000 22,800,000
7 22,800,000 1,200,000 21,600,000
8 21,600,000 1,200,000 20,400,000
9 20,400,000 1,200,000 19,200,000
10 19,200,000 1,200,000 18,000,000
11 18,000,000 1,200,000 16,800,000
12 16,800,000 1,200,000 15,600,000
13 15,600,000 1,200,000 14,400,000
14 14,400,000 1,200,000 13,200,000
15 13,200,000 1,200,000 12,000,000
16 12,000,000 1,200,000 10,800,000
17 10,800,000 1,200,000 9,600,000
18 9,600,000 1,200,000 8,400,000
19 8,400,000 1,200,000 7,200,000
20 7,200,000 1,200,000 6,000,000
21 6,000,000 1,200,000 4,800,000
22 4,800,000 1,200,000 3,600,000
23 3,600,000 1,200,000 2,400,000
24 2,400,000 1,200,000 1,200,000
25 1,200,000 1,200,000 0

4%ルールに基づけば少なくとも25年は大丈夫と言われ、年金等は考慮されていません。

ですのでもし年金やその他収入があればここにその分がプラスとなります。

4%ルールはあくまで資金使用計画ですので、貯めた金額の4%が毎年の使用額になります。

ですので貯めた金額が少ないと毎年使える金額が少なくなりますし、多く貯めれば使える金額も多くなります。

インフレ/資産運用益を考慮した4%ルール

上記の表は概念的なもので、実際はインフレ(物価上昇)を考慮に入れなければいけませんし、そもそも4%ルールは資産運用を行ってある程度リターンを得る前提でいます。

アメリカの考えですので、4%ルールのインフレ率はアメリカの平均である3.2%、投資益はリタイア後はリスクをあまり取れないため、米国30年債の2007年から2017年の平均リターンである 3.6% を使います。

下の表の引出額は毎年3.2%のインフレを反映させ、年末時点の資金に投資益の3.6%を反映させています。

(年初に4%分引き出し、残りの金額に投資益3.6%が乗る前提 )

年数 資金(年初) 引出額 資金(年末) 投資益反映
1 40,000,000 1,600,000 38,400,000 39,782,400
2 39,782,400 1,651,200 38,131,200 39,503,923
3 39,503,923 1,704,038 37,799,885 39,160,681
4 39,160,681 1,758,568 37,402,113 38,748,589
5 38,748,589 1,814,842 36,933,747 38,263,362
6 38,263,362 1,872,917 36,390,445 37,700,502
7 37,700,502 1,932,850 35,767,651 37,055,287
8 37,055,287 1,994,701 35,060,586 36,322,767
9 36,322,767 2,058,532 34,264,235 35,497,747
10 35,497,747 2,124,405 33,373,343 34,574,783
11 34,574,783 2,192,386 32,382,397 33,548,164
12 33,548,164 2,262,542 31,285,622 32,411,904
13 32,411,904 2,334,943 30,076,961 31,159,731
14 31,159,731 2,409,662 28,750,070 29,785,072
15 29,785,072 2,486,771 27,298,302 28,281,040
16 28,281,040 2,566,347 25,714,693 26,640,422
17 26,640,422 2,648,470 23,991,951 24,855,662
18 24,855,662 2,733,222 22,122,440 22,918,848
19 22,918,848 2,820,685 20,098,163 20,821,697
20 20,821,697 2,910,947 17,910,751 18,555,538
21 18,555,538 3,004,097 15,551,441 16,111,293
22 16,111,293 3,100,228 13,011,065 13,479,463
23 13,479,463 3,199,435 10,280,028 10,650,109
24 10,650,109 3,301,817 7,348,292 7,612,830
25 7,612,830 3,407,475 4,205,355 4,356,748
26 4,356,748 3,516,515 840,233 870,482
27 870,482 3,629,043 -2,758,561 -2,857,870

4%ルール通りにお金を使っていけば26年は持つことになります。

早期リタイアのためには引出率を下げる

上記の例の通り4%ルールを実践すると26年分の資金が確保されることになります。

60歳で仕事を辞めると考えると、86歳まで暮らせることになるので妥当だと言えそうですね。

ですが60歳前に辞める、いわゆる早期リタイアとなると計画を変えなければいけません。

早期リタイアのためにできることは二つ、投資のリターン率を上げるか、4%の引出率を下げるか、です。

そうは言っても投資リターンを上げることは中々難しいので、現実的なのは引出率を下げる法ですね。

例えば引出率を4%から3%に下げると、リタイア資金は25年から36年に伸びます。

年数 資金(年初) 引出額 資金(年末) 投資益反映
1 40,000,000 1,200,000 38,800,000 40,196,800
2 40,196,800 1,238,400 38,958,400 40,360,902
3 40,360,902 1,278,029 39,082,874 40,489,857
4 40,489,857 1,318,926 39,170,931 40,581,085
5 40,581,085 1,361,131 39,219,954 40,631,872
6 40,631,872 1,404,688 39,227,184 40,639,363
7 40,639,363 1,449,638 39,189,725 40,600,555
8 40,600,555 1,496,026 39,104,530 40,512,293
9 40,512,293 1,543,899 38,968,394 40,371,256
10 40,371,256 1,593,304 38,777,952 40,173,959
11 40,173,959 1,644,289 38,529,669 39,916,738
12 39,916,738 1,696,907 38,219,831 39,595,745
13 39,595,745 1,751,208 37,844,537 39,206,941
14 39,206,941 1,807,246 37,399,695 38,746,084
15 38,746,084 1,865,078 36,881,006 38,208,722
16 38,208,722 1,924,761 36,283,961 37,590,184
17 37,590,184 1,986,353 35,603,831 36,885,569
18 36,885,569 2,049,916 34,835,653 36,089,736
19 36,089,736 2,115,513 33,974,223 35,197,295
20 35,197,295 2,183,210 33,014,085 34,202,592
21 34,202,592 2,253,073 31,949,519 33,099,702
22 33,099,702 2,325,171 30,774,531 31,882,414
23 31,882,414 2,399,576 29,482,838 30,544,220
24 30,544,220 2,476,363 28,067,857 29,078,300
25 29,078,300 2,555,606 26,522,693 27,477,510
26 27,477,510 2,637,386 24,840,125 25,734,369
27 25,734,369 2,721,782 23,012,587 23,841,040
28 23,841,040 2,808,879 21,032,161 21,789,318
29 21,789,318 2,898,763 18,890,555 19,570,615
30 19,570,615 2,991,524 16,579,091 17,175,938
31 17,175,938 3,087,253 14,088,686 14,595,879
32 14,595,879 3,186,045 11,409,834 11,820,588
33 11,409,834 3,287,998 8,121,836 8,414,222
34 8,121,836 3,393,214 4,728,622 4,898,852
35 4,728,622 3,501,797 1,226,825 1,270,990
36 1,226,825 3,613,854 -2,387,030 -2,472,963

36年持てば86歳まで生きるとした場合、50歳で早期リタイアすることが出来ますね。

リタイア時の資金を増やして確実に

ですが、上記の3%引き出しの問題は一年間に引き出せる金額が少なくなってしまうことです。

3,000万の頭金の場合、年間90万円の引き出しとなりますが、中々厳しいものがありますね。

3%の引き出しを前提とすると4,000万円の頭金なら年間120万円、5,000万円の頭金であれば年間150万円を引き出すことが出来ます。

この4%ルールに則って早期リタイアをする場合は、リタイア時の資金をできるだけ増やすことで確実なものにできます。

まとめ

アメリカ早期リタイア界の常識となっている「4%ルール」は、今ある資金をもとにどう使っていくかの指針を示してくれるものです。

近年は4%の引き出しでは見通しが甘いという意見や、投資リターンが8,77%がずっと続くとは限らないという意見もあります。

ですが、考え方としてはリタイア後に十分使えるものだと思います。

あくまで目安の一つですが、この4%ルールを使って早期リタイア計画、もしくはリタイア後の計画を立ててみるのも良いかもしれません。

宜しければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告

コメント

  1. 4%ルール、60/40ポートフォリオの記事共に
    たいへん勉強になり面白かったです。
    ブログで参照記事に書かせていただいてよろしいですか。

    4%ルールは思ったより元本の毀損がはやいのが驚きました。
    インフレ考慮後の元本を減らさないで投資金を延々に維持するのに必要な資産額は思ったより巨大になりそうです。
    60/40のほうですが、近年低金利、株式期待リターンもPER20程度で低くなることが予想されています。(PER20なら将来リターンは5と考えるのが順当かと思います)
    そんな中で、年々様々な機関投資家の株式投資比率が高まっているので、どのようなポートフォリオを効率よいと考えているのか、年金ファンドの運用者の人々の意見を聞いてみたいですよね。

    MMさんのブログの投資記事はいつも勉強になって大変好きなので、よろしければ相互リンクさせていただけないでしょうか?
    ぶしつけなお願いで申し訳ないですが…

    • MM より:

      靴磨きおじさんさん

      はい、記事参照問題ありません。
      どうぞ宜しくお願いします。

      4%ルールも60/40も、今は通用しないという意見もちらほらありますが、個人的には指針としてはとても良いと思います。
      ただ確かにもう少し安全目に見たいという気持ちもわかりますね。

      相互リンク承知しました。
      そう言って頂けて光栄です!
      これからも少しでもお役に立てる記事を書ければと思います。
      このブログにはまだ相互リンクのカテゴリを作っていないのででき次第リンクさせて頂きます。

      今後とも宜しくお願い致します!

  2. MMさん

    それではこちらは勝手にリンクはらせていただきます!!
    もしそのうちリンクカテゴリつくりましたらその時はぜひ(強引にプライベートに侵略するパワハラ上司気質ですな!!)

    また記事楽しみにしております。

  3. qq より:

    投資益が引出率を二倍以上上回るのに、資産が減少していくことに違和感を感じました。

    投資益が8.77%ではなく、0.877%で計算されているようです。

    • MM より:

      qqさん

      ご指摘ありがとうございます。
      確かに0.877%で計算をしてしまっておりましたので記事を修正致しました。

      アメリカでもこの4%ルールのロールモデル的なものがはっきりとは無いのですが、年初にリタイア資金から4%の引き出しを行い、その残った資金に対して投資益8.77%を乗せていることが多いようです。
      そのため資金は年々減少していくことになります。

  4. 通りすがり より:

    3年目から投資益が反映されていないようです。
    前提の利率では資金は減らないと思います。

    • MM より:

      通りすがりさん

      ご指摘どうもありがとうございます。
      確かに式がおかしかったのと、アメリカの記事ではリタイア後はリスクをあまり取れないとのことでしたので、投資の前提をアメリカ国債30年ものにして記事を修正しました。

      今後ともよろしくお願いします